HPI」カテゴリーアーカイブ

6D顛末記

書かねばなるまい。

先日6&Down コンテストに参加すべく某所へ出向いた。緊急事態宣言が継続された場合、コンテストでの移動局の参加が認められなくなる可能性があったが、幸い宣言は解除され、連盟も移動運用を認める発表があった。

ということで荷物を積み込んでその日を待ったのだが、天気は全くすぐれない。それも行かなきゃいけないのである。

誤近所様と連絡をとりながら、「山は台風のような状況だ」というような情報もつかんでいたが、いつものスーパーで前祝用の酒やら恒例の赤飯カレーの材料の買い出しに余念がない。

昼に到着。ご挨拶をしたところ「シングルバンドで参加」という意向があったので調整。天気が回復るのを祈りながらしばらく待機した。いつもならアンテナを上げて「前祝」やら「SSBでタコをどり」などイベントがあるのだが、ひたすら雨風が止むのを待った。

しかし17時まわっても全然回復しないので今回の運用をあきらめた。ただ、ここまでこれたのだけでもうれしいと思う。

帰宅してから1局妨害に成功。このログをJARLのオンラインの「JARLコンテス電子ログサマリ作成ページ」で作成してアップした。(紙に書いて郵送する気は到底起きないが、世の中便利になったものである)

帰宅

現地で17時まで天気の回復を待ったが、強風雨でアンテナを上げることすらできなかったため(どちらかが欠けていれば上げたと思う)撤退することとした。

ここ5年をみても天候不順のため6Dに参加できないケースが多い。またVHFのコンディション(先般の2mでの沖縄のオープン)を考えるとAACWを避けて6月に実施したほうがよいと考えている。

移動されている各局はお気をつけください。

#余談だが、本日はKM,KG県での豪雨のニュースばかり。もちろん被災された方は気の毒だが、マスコミ(特に公共放送とやら)の「スクープを取りたい」オーラを強く感じる。それ以外の県の人たちにとって身近な気象や交通情報などがブロックされる意味が理解できない。

引き続き怪員として誤活躍を

コンビニ経由で転送会費を支払った。3600円はまあ、手土産代程度といえばそれまでだが、6万人ほどいる会のトップだったら、中身はともかく大手の上場企業の社員数に匹敵するし、対外的な付き合いとなるとそれなりの格好が必要だろう。それを手弁当でやれというのは酷だと思う。

私はとある公益社団法人の正員である。もし経歴とかで「所属団体」を書くことになったらこちらを記載するかもしれない。先日この法人の社員選挙があった。その選挙制度は目玉が飛び出るような「えぐい」ものであった。よく監督官庁がこれオッケーするなあとも感じた。

自己の利益を代弁してくれる組織があるとありがたいが、上記の公社はどちらかというと私は居候の立場なのであまり声をきいてくれそうにない。一方で某連盟のように自己の利益を代弁してくれる可能性が高い団体があるのはありがたいものである。仮に某連盟があぼーんしてしまった場合、一アマチュア個人として官庁とやりとりをしないといけなくなるので、かなり障壁が高くなると考えらえる。そういう意味ではアマチュアって甘えているように見えるのだ。

一時期某連盟も会員数15万を超えて影響力もあっただろう。それに胡坐をかいてしまい、実は某国からの外圧の一環で行われた規制緩和の項目のごく一部をあたかも某連盟が勝ち取ったというように誤解してしまったのだと感じる。このおかげでいつの間にかみんな50W,KWになってしまった。気になるのは当時の役員たちがあたかも「俺の功績だ」といわんばかりだったこと。このころの方、もうずいぶん鬼籍に入られているかたも多いだろうけど、メーカーも含めてイケイケだったことは事実だ。このころの甘い汁を吸っていたノスタルジーが昨今の文句につながっているような気がする。

ここまで偉そうに書いて来たけど、私の転送会費はしょせんカード転送の対価だけを求めているわけだし、じゃあ自分がこの分野の発展につながるようなスゲー功績を上げたかというそういうわけでない。

ただ、繰り返し言うと自分たちの利益を代弁してくれる専従がいる組織はとてもありがたいのだ。

カード整理

カードの整理が終わった。今回はHPI 96枚、WU1R 49枚(これはビューローで受け取ったJA局からの返送分と思われる)、BVO 303枚(うちSWL 1枚)。皆さまありがとうございます。カードの整理をしていて気が付いたのですが、1/4の夕方のQSOがログに抜けていました。これはクラウドサーバーとの連携に失敗したせいだと思われます。ローカルにのこされていたログの残骸で確認しました。

今月のカードで目についたのは某局のイラストのカードで鉄道・少女・猫・無線の4つのツボをついたものである。あと「お城」があれば完璧だったと思う。ありがとうございました。

お知らせにも書いたが、通常カードは連盟本部に持ち込みをしている。例のコロ助のため連盟職員が在宅勤務になっていたこともあり、連盟へ直接出向くことができなくなっていた。また、私自身の動線が少し変わってしまったので、次回持ち込みは未定の状態である。QSO自体すでにひと月以上進んでいない。現時点でハムフェアまでに世の中の安全が確保できるかどうかも不明だ。コロナウイルス影響甚大である。

アップデート 20200531

5月も終わる。今年の5月は今までの中で一番つまらなかったと思う。さらにそれを吹き飛ばすような話が出てきた。某連盟の理事会報告である。

大涙

移動局にとって移動できないのは致命的である。いままでコンテストの障害は天気だけだったがコロ助が加わった。パチンコの自粛要請を声高に主張している人は「別に自分はパチンコやらないから休業で結構」ではないだろうか(私はパチンコはしない)。理事各局の中でコンテストに移動運用をされている方はどの程度いらっしゃっているのだろうかと愚痴りたくなる。

さて、本日のアップデートであるが週末は某所に出張っていたのでない。某SO県では国道沿いに「入ってくるなここで転回しろ」というようなのぼりすら上がっていたが、こっそり越境して慣熟を行った。へたくその着陸シーンはYoutubeにアップされてしまったので、興味があれば探していただきたく。言い訳をすると慣れていないRWY16のwind 210at10でかなり横風だったー(34側なら自信があるのだが)

帰宅してポストを開けると「引き続き怪員として誤活躍を!」と題したお手紙。うーん、コンテスト参加できないとQSL転送会員費出す意味ないんだよねー

ひとつだけアップデートあった。帰りがけ搭載試験をしている工作物を使って430MHz FMでQSOを行った。過去に2回QSO(28と50)している方でいろいろ話が弾んだ。やはりアマチュア無線はいいものだと思った。

アップデート 20200524

HPIのカード整理を行った。今回は96枚という出来高であった。一方靴箱の方はざっとながめるとWU1Rのカードが入っている。どうやら昨年のハムフェアで転送したものが各局に到着したのち、返信されたものだと思われる。

さて、本日のアップデートである。

項目状況特記事項
マスク争奪戦次回抽選は5月27日
無線カード整理(HPI)1枚NIL
最も最新は2/1サテライト運用
工作試験できず
怪物(かいもの)進展なし

緊急事態宣言の解除が近いようである。多い日には一日3回あった「コロ助注意喚起」自治体の防災放送もなくなってしまった。こちらもアップデートが少なくなってきた。今解除されるといきなり梅雨時に混雑が戻ってくるのかという憂鬱な気分と、これでまた感染者が増えて再度緊急事態宣言が出ると6D(7/4,5)に影響がでるのではないかという心配がある。

緊急事態宣言が解除されても「3密」を避けるというのは残るようなので、アマチュア無線界のイベントも当分中止または延期だろう。

私も巣ごもりは本日で終了の予定である。