HPI」カテゴリーアーカイブ

カード発想

本日某連盟にカードを持ち込んだ。毎回カードを持ち込むために入れている箱は回収して次回に備えるのだが、今回は連盟のカウンタに置き忘れてしまった。最近老化が激しいよい例である。

連盟からはどうやって帰るかがいつも課題。時間があれば秋葉原へ寄るのだが、時間が遅かったのでそうはいかない。普段はメトロを使うのだが、JRの大塚駅も捨てがたい。トラムもよい。さてどれをつかったでしょう?

カード印刷

ACAG分のQSLを印刷した。交信数の増加に伴ってビューローにおけるQSLが滞留しているようである。このことは私に届くカードの更新日数と手元に転送されてきた日付のレイテンシからも明らかである。悪疫の影響で巣ごもりをしている人が増えており彼らのアクティビティが上がっているからだという。PC上の電子ログによるQSL発行が普及していることやクラスタによるQSO効率の向上もあるだろう。

コンテストのQSOについてカードを発光するかどうかは悩んだ。今回は6mバンドでのコンテスト参加は久しぶりであること、写真カードを作ったのはいいが外出自粛のためQSOをほとんどしていないこと。などを考えて印刷することとした。ということで今回のコンテストのカードは通常の白紙にMMQSLのパターンではないことにした。

ビューローでは何が行われているか想像するほかないが、次から次へと全国からカードが送られてきて、転送しても転送しても数が減らない・それどころか倉庫に在庫がどんどん増えていく様を想像するとぞっとするものがある。もっとも現場の雰囲気はわからないが。

そんなわけで来週には某連盟に持ち込もうと考えている。

ACAG 2021

全世界に蔓延する悪疫のため、今年はコンテストはおろか長距離移動もままならなかった。ところが直前に緊急宣言はおろかマンボウまで解除されると聞いたので遅まきながら準備を開始した。

前々夜 移動運用専用車両にほとんどの荷物を積み込んだ。今年は2mではなく6mの装備をもっていくことにした。万が一?のため2mの装備と6mの装備として551Dを2台。アンテナなど結構な量になってしまう。その割にはコンロなどは割愛することにした。寒いことを想定してオイルヒーターは積み込んだ。ーーーするとどうだろう、夜中に巨大地震。ちょうど寝ようと思っていたところである。レンジ台の上に置いた調味料が床にちらかって掃除をする羽目になった。夜中までコプターが飛んでいた。

前日 実は出張である。朝5時に起きて家を6時前に出る。飛行機で日帰りの豪華な出張である。01073Gへ向かう。レンタカーを借りて真っ先に向かったのはすし屋である。10月といえばししゃもの寿司だ。本来なら輜重車をひっぱってゴールデンは北海道移動であったのだがリベンジである。01073Gは3回目だがししゃもの寿司は初めてだ。念のため申し上げておくと、ししゃもの寿司を食べるのが出張の目的ではない。

旬は10月

出張から帰宅したのは22時。翌朝に備える。この時間から輜重車を取りに行くことはちょっと厳しい。ヘッド車のみを繰り出すことにした。

コンテスト初日 渋滞を避けるために6時には家を出たいところだったがむりだった。8時ころに出かける。そういえば休日割引が適用されない。しかし塩尻インターでのETCレーンの表示には「割引」の文字がでていた?時刻はすでに12時を回っている。途中0915市の萬年家でラーメン。家系はあまり・・・でも、混んでたなあ。

Aセットを食す

いつものところで物資を調達。いつもの場所にいくといつもの某氏が領域確保されていた。1R8が加わったので車を寄せる場所がない。ちょっと先に止めてご挨拶。今回もご迷惑をおかけしたと思う。私はさらに上の場所を目指した。駐車場は工事のため閉鎖。売店もやっていないがトイレは使える。

すでに時刻は15時を回っている。手短に6mのアンテナを展開する。SWRバッチリ1.0。もう一本予備があったので持ってくればよかったと後悔する。セットアップ時に「PCからキーイングするUSB2RS232C」のケーブルを忘れてしまったことに気が付く。今回はCTESTWINからのキーイングができない。そういえばマウスも入っていなかった。カメラの電池も切れている。さっさと前祝をしてSSBに出てみると「電波が汚い」というお叱りの声をいただく。551Dのマイクは中華製のあやしいマイクなのでたぶんこれが原因だと思われる。すでに陽が暮れてきた。仮眠。

21時コンテストスタート。1エリアからのパイルを期待したが、2mよりもペースが悪い。これで某局が昨年記録した点数に近づけるのだろうか心配になる。もっとも6mは初めての試みなので今回は「参加できたことがウレシイ」状態だ。

夜になって小雨がぱらついてきた。しかし給油をするために外にでると自分のような目の悪い人間でもあきらかにわかるようなきれいな星空を見ることもできた。3時就寝。発電機を回してオイルヒーターを使う。やはり寒い。

コンテスト2日目 6時起床。ちょうど陽が登るところだった。ギャラリーに上げよう。ビデオカメラのバッテリもすぐにきれてしまった。

14時前にEs?が出て8と数局交信できたのがよかった。15時すぎまで運用する。まるでコンテスト終了が15時と勘違いしているように思われるのは心外だが、帰らなくてはいけない。今度は小雨がぱらついてきた中撤収。

帰りはいつものSSで食べようと思ったが、予想外に混雑してテーブルがすべて埋まっている。そこで鮮波亭に行ってみたら、なんと閉店(最初休業中だと思ったら閉店だった 張り紙が暗くて見えなかった 涙)。それならばとテンホウに。行きの昼もラーメンだったのでここは0915市の常食山賊焼き定食を食す。

左上の温泉卵の扱いに困惑

この時点でまだ19時前。このまま0915市で運用している某局を襲撃しようかとも思ったが、まだ先は長いので帰ることにした。

運用できて本当によかった。

カード遅延

9月末転送のQSLのチェックが終了した。なにしろ枚数が少ないのでチェックも早い。トップページにも書いたが、最新着のカードが4/11であるからスループットは6か月になった。今までの実績だとゴールデンのカードが届くはずであるが今回は一枚もなかった。枚数が減っていることが気になる。つまり処理能力を超えつつあるのではないかということである。

某連盟ではずいぶん昔にもQSLカードで事故があったようだ。この時はスループット以前に「お蔵入り」していたという話を聞いた。

なにしろ今どきはプリンタでその気になればどんどん量産発行できるし、効率よくQSOできるような仕組みも出来上がってしまっているから、紙を仕分けして転送するという作業が追い付かなくなるのは無理もない。この先には「値上げ」「発行自粛」くらいしか打ち手がないだろう。

電子QSLも分科会で検討しているようだ。実現するかどうか不明だが、データを保管しておくのは大変なことだと思う。

個人的な考え、いや思いとしてはクラスタにあがってそのまま電子QSLで終わってしまうとアナログ臭さがどこかなくなってサミシイような気がするのだ。