HPI」カテゴリーアーカイブ

燃油調達

京都アニメーションの事件があって以降初めて燃油の調達を行った。最近はバッテリ運用を中心しているため、発々の使用頻度が下がっていることもある。それにこのページの座右の銘である「たまには移動運用をしたいものです」ということもあって移動運用はたまにしかしていないのも事実。

実は通知が出たあと、FDのときに醤油ちゅるちゅるを使って車両に給油したガソリンを携行缶に詰め替えようとした。しかし、燃料タンクの形状のせいか首尾よくいかなくて断念した経緯がある。(逆に言うと悪いことを考えている人はいくらでもやりようがあるということである)

ということで初めてフルサービスのスタンドで携行缶に給油をしてもらった。今までは多少タンクに余裕をもたせて、つまり10リットルタンクなら8リットル程度入れる、ということをやっていたのだが、今回は定格容量ぎりぎりまで入れてもらうことにした。はたしてフタをするときにガソリンがあふれてきてしまった。使うときには絶対噴き出すだろうなあ。正直携行缶への給油や取扱は他人任せにしたくないのである。

ちなみにこちらでは氏名と電話番号、用途と運転免許証番号を記載せられたが、免許証と照合はしていなかった。また車両のナンバープレートを記録していたが、実は移動運用専用車両は魔改造中で現在は代車である。

本当は今週には移動運用専用車両が戻ってくることを期待していたのだが、先方の手際が悪くまだ何もしていないようだ。

カード整理

7月に転送されたQSLカードの整理が終わった。2020年7月に転送されたカードは合計704枚あり、集計をし始めた2018年3月以降最高の転送枚数となった。そうこうしているうちに9月のカードが転送されてくるはず。

ここまでくるとカードの整理だけでも相当な工数を要する。現在行っているのは①ハムログでのチェック②スキャナでの取り込み③FenrirFSでのタグ付けである。③は管理する枚数が増えてくるにしたがって反応がおそくなってきた。Fenrir社に問い合わせてみた(フリーウエアなのでダメもとでお願い)ところ、タグの数が多いことが原因のようだ。

盆休み

世間は「帰省しろ」と「帰省を規制しろ」といろいろなお達しが出ているようだ。先日の出張ではホテルから「GOTOキャンペーンの証明書だしましょうか?」と言われたが、住んでいる場所もそうだし、商用ではもちろん対象ではない。行く先々で熱を測られている。

コロ助騒ぎで某連盟もホームページで、

と案内を出している。ハムフェアも中止になってしまったしカードを発送できない状態が続いていた。(素直にビューローに送ればいいんだけどね)

そこで昨日連盟に電凸して「カードだけ置きに行きたい」と相談したところ、OKの返事をもらった。さっそく”GOTO連盟”だ。

箱に詰められ発送を待つQSLカード

せっかく上京するのだから、お得に行きたいものだ。例によってメトロ24時間券を購入した。ついでにお盆期間中に夏休みにならない図書館やら役所関係をハシゴする計画を立てた。アキバにも行きたいところだが、秋月は夏季休業である。

自粛ということで人出が少ないことを期待していた。はたして電車は空いているのだが、すいていれば空いているで「座席で足を広げる奴」やら「電話でしゃべる奴」が出てくる。また、人が少ないとは言っても田舎者の私としては繁華街を無秩序に歩行する連中とはうまくやっていけない。スマホみながらふらふら斜行したり、急に止まったり、動線をふさぐ連中の頭は狂っていると思う。VFRで空を飛んでいるほうがはるかに安全だと思う。

FD2020

今年も熱い夏がやってきた。コロナの影響でどうなるか心配だったが、緊急事態(県によっては緊急警報やら非常事態やらいろいろな言い回しがあるようだ)宣言がでたらFDの目的である「野外へ移動して運用するアマチュア局との交信をはかるため」という点から中止になったと思う。コンテストが開催されて本当によかった。

さて移動運用である。6&Dは晴れなかったため、運用を断念したが今回は天気がよかった。いつもは設営のときに虫に悩まされるのだが、今回は梅雨明けが遅かったせいか虫の発生がすくなかったようだ。

FD2020

目指す場所では工事をしている業者の方(こちらも梅雨明けが遅くなった分工事が延期されていたものと思われる)が領域確保していて、あえなく転進することになった。結局いつもの「下の段」で巣を作った。最初の誤算である。

足場ベースにポールを入れようとしたら入らない。よーく見るとリングの部分がひしゃげている。このリングをはずせば足場ベースにポールは入るが、踏ん張りがきかなくなるのでフルアップできない。2番目の誤算である。

歪んでいる 補充部品は入手できるだろうか?

続いて発電機である。実に去年の東京CW以来の登場である。エンジンがかかるかどうか心配だったが一発始動。少し暖気したあと年に1度のオイル交換である。交換を終えると給油である。今回はひみつ兵器(醤油ちゅるちゅる)を買って臨んだのだが・・・なんと車両のタンクから吸い出せない=ホースが届かない。今回は昨年のガソリンの残りが8リットルほど。これで運用することになった。コンテスト時間は18時間あるがどっちみち夜中は寝てしまうのなんとかなるだろう。3番目の誤算である。

発々はゴキゲンだ

15時には設営完了。例によって前祝と2m SSBでの試し運用である。運用を終えて適当に酔っぱらってあとはコンテスト開始まで寝てしまおうとしていたら、誤近所様の襲撃にあってしまった。なんだかんだで歯医者がどうのこうのという話に盛り上がってしまう。

18時コンテスト開始。周波数確保で10分ほど前からCQを出していたら1局呼ばれる。結構引っ張てくる。でもこの方コンテストの時には呼んでくれなかったなー。いろいろな人がいるものだ。途中弁当を食べたりして運用をする。24時をすぎたあたりでクラブ局だけになったようなので例によって就寝。燃料節約のためPCをシャットダウンしようとしたらWindows Updateが始まった。どうりでルーターのデータ量が1ギガに達していたのだ。頼むから強制的にアップデートするのはやめて欲しい(どっかの設定でそうしているのだろうけど)

ディナー

5時ころあまりの寒さに目が覚める。温度計は14度。朝のカフィーを楽しもうと準備を始めたら、なんとインスタントコーヒーを忘れてしまった。朝食はカフィーなしのランチパックとなる。4番目の誤算である。

12時コンテスト終了。ここ数年妨害局が出てくるのだが、今回は出てこなかった。出てきたらツィート拡散希望して各局に探してもらおうかと思ったのだが。

今回の提言:人のことを言えるほどうまくはないが、「モールス信号の知識」で免許を取得された方にお願いです。コールバックされた自分のコールサインくらいはちゃんと取ろう、そしてちゃんと打とう。打ち間違えたときはちゃんとHHまたはラタを入れよう。雑誌とかで「とにかく出てみよう」とか記事に書いてあるのだろうけど、いくらなんでもねえ。

13時撤収。今回は赤飯カレーはキャンセルした。誤近所様に挨拶をする。途中「いつもの食堂」で遅い昼食。帰宅してから赤飯カレーを賞味した。

いつもの食堂

それにしても運用できるということは幸せなことだと思う。

画像はイメージです

ひさしぶりに

ラインの飛行機に乗った。最近乗る頻度は少ない。そして片道のみ飛行機というケースが多い。今回も帰りは新幹線の予定。RJTTはガラガラ。直通バスもガラガラ。カードラウンジもガラガラ。機内も空いていた(これは減便で調整しているものと思われる)。

ホテルにチェックインするときもフロントは私の住所をみていた。検温もされる。

これはまだ大変な状況だと思われる。

FDは大丈夫だろうか?(結局こうもっていくノダ)

カードラウンジの図 RJGGはビールが一本つくのだが……

カード入力終了

5月に転送されたQSLカードの整理が終わった。2020年5月に転送されたカードは合計448枚あり、集計をし始めた2018年3月以降最高の転送枚数となった。そうこうしているうちに7月のカードが転送されてくるはず。

6D顛末記

書かねばなるまい。

先日6&Down コンテストに参加すべく某所へ出向いた。緊急事態宣言が継続された場合、コンテストでの移動局の参加が認められなくなる可能性があったが、幸い宣言は解除され、連盟も移動運用を認める発表があった。

ということで荷物を積み込んでその日を待ったのだが、天気は全くすぐれない。それも行かなきゃいけないのである。

誤近所様と連絡をとりながら、「山は台風のような状況だ」というような情報もつかんでいたが、いつものスーパーで前祝用の酒やら恒例の赤飯カレーの材料の買い出しに余念がない。

昼に到着。ご挨拶をしたところ「シングルバンドで参加」という意向があったので調整。天気が回復るのを祈りながらしばらく待機した。いつもならアンテナを上げて「前祝」やら「SSBでタコをどり」などイベントがあるのだが、ひたすら雨風が止むのを待った。

しかし17時まわっても全然回復しないので今回の運用をあきらめた。ただ、ここまでこれたのだけでもうれしいと思う。

帰宅してから1局妨害に成功。このログをJARLのオンラインの「JARLコンテス電子ログサマリ作成ページ」で作成してアップした。(紙に書いて郵送する気は到底起きないが、世の中便利になったものである)