HPI」カテゴリーアーカイブ

カード整理

5月末到着分の整理が終了。今回は348枚届いた。うち、2枚がNILである。

いままでNILに対していろいろなアクションを取ってきた。送り返したり、そのまま廃棄したりした。廃棄してしまうとそのまま廃棄したことすら忘れてしまう。無論NILになる原因の半分はこちら側にも責があると考えている。

結局埒が明かないのでとりあえずカードとしては登録してその時の処分をコメントに記載しておくことにした。

カレー

「あのカレー」に対して「このカレー」を打ち出している移動局である。なんとなく家にカレーがたまってきた。今日は在庫チェックを行った。有名なメーカー品やらレストランのブランドもの、そしてカレーのみならずハヤシもラインナップされている。合計12食集まっている。また、ここには出ていないが缶詰に入ったカレーもある。

準備は整った

払ったった

けど、今年は2月以降QSOしていない。

それにしてもコンビニまで出かけるのがメンドイ。銀行振込にしてもらえるとありがたいのだが。

追記:某誌の裏表紙に出ていた某連盟の広告にはキャッチとして「ワンランク上のPREMIUMなHAM LIFE!」とある。うーんプレミアムか。

カード登着 & 某連盟からのお手紙

小袋にて到着。

同時に「引き続き怪員として誤活躍を!」のタイトルの封筒も届いた。たしかにもう一つのほうはライフメンバーなのでー会員ご継続のお願いー文言は少々無理があるか。でも、連盟の会員ってコールサインなのだろうか?個人なのだろうか?

正員の資格はアマチュア無線局の局免を持っていることだったと記憶しているが、これって日本国内のアマチュア無線局なのだろうか?連盟に聞いてみると教えてくれるとは思うのだが。

もう一つの疑問は自分が本当に「ご活躍」しているかどうかという本質的なものである。普段はボロアパート住みでほとんど出ないし、移動局としてたまに7MHzの電信でタコ踊りをするくらいだ。もちろん某誌なんてのは購読していないので新しいモードなんてうといし(情弱でもある)、最新機種を知らないから購買能力もゼロと言ってもいいだろう。「大きくなったらぼくもアンプ買ってタワーを建ててデラックスだ」という夢もいまさら実現したいとも思わない。

今日自宅に到着した封筒を2つ眺めてそう思うのだった。

カード発想

今日は所用で休暇を取得。となれば足が自然と連盟本部に向いてしまう。

もちろんカードの発送であるが、今回は発行が間に合わなくて4月30日QSO分までのカードの発送となった。(この中で衛星通信分は除いているので未発行になっている)今回は玄関先ではなくちゃんとドアの向こうで受け取ってもらった。店番?の方も「最近カードが多くなった」とおっしゃっていた。

最近の記事によると会員数は56000名で転送カードの枚数が年間950万枚ということなので、平均すると会員1名あたり170枚ほどになる。つまり月にならすと30枚程度だろうか。もっとも移動局のように転送会員を2口持っているものもいれば、逆にライフメンバーのまま活動をしていない人もいるだろうから一概に平均を取るのは難しいと考える。(たしか、ライフメンバーの方で局免が切れると正員の資格を失うので準員扱いになったと記憶している)

この中で移動局は3月の実績で合計220枚ほど受領しているので、そこそこの活動をしていると思っている。(実際に発送する枚数は受領枚数よりも多くなる)

先ほどの記事を読むと若年層は相変わらず少ないという。ということはここ数年連盟やそれに呼応した形で緩和をしてきた総通の施策はどの程度効果があったのだろうと疑問を持ってしまう。確かに一時的に興味を持ってもらうことはできかもしれないが、中には「国家資格」の一つとして就職するときの履歴書に書けるなんて目的で無線従事者免許を取っている学生もいるやに聞いたことがある。若い人の歩留まりが期待できないと、やっぱり10年後にはまともにオンエアできる人がガツンと減るだろう(自分もそのなかの一人だと思っている)。

ところで、DDNSのアドレスが追い付かなくなってしまうと、ページが見られなくなってしまう。今は改善されていると思うのですが、もししばらくアクセスできない事象が発生していたらこっそっとお教えいただきたくお願いします。

症状

移動の旅から戻ってきたらポストの中にたくさんのちらしとともに入っていた。

もうちょっとでオールタイムレコードその他の記録を更新できたようだが、自分の修行が13デシほど足りないようす。

カード作成2

先日発注したQSLカードが届いた。写真カードを作るのはグアム移動以来である。あのときは正直JPEG画像と実際の印刷と想像以上にちがってしまい、「暗い」カードになってしまった。その教訓もあって今回は校正(といってもPDF上ではあるが)できる専門業者に発注することとなった。

当初納期は2週間という話であったが、校正が完了してから5営業日で完成したようなので思ったよりも早く手元に届いた。昨日ヤマトが持ってきたようだが、彦根城に花見に行っていたので受け取ることができなかった。

花見中

今回作成したのは1000枚。今のペースだと全部発行するには5年以上かかる計算だ。

カードはここではお見せできないので、ぜひQSO願います。

カード作成

写真カードを作成してみた。今まではハガキ用紙に印刷しているカードであるが、ここは気分一新というわけである。問題は普段コンテストしかオンエアしていなことである。一応コンテストのQSOはこのカードを使わない予定。コンテスト以外ではQSOパーティー(世間ではQパと呼ぶらしい)くらいしかオンエアがないのだ。Qパもコンテストか。

となると、使い切るまで一体どのくらいかかるのだろうか?