其の他」カテゴリーアーカイブ

拾伍萬㌔

移動運用専用車両が無事150000kmの走行を記録した。毎回「キリ番」のとき走行しているかどうかが気になる。(前回は夜中の東名で某所をちょっとお借りして撮影した記憶がある)今回はちょうど清水PAに入ったところで記録。記念写真だ。

15万キロ

まだまだ走れそうだがやはりポンコツである。ボロアパートに住まう人間にふさわしいだろう。先日新東名は御殿場から浜松いなさまで制限速度が120km/hになった。まだまだちゃんと120kmで巡行できるから頼もしい。当面の目標は20万キロである。

使い方にもよるけど、やはり外板には傷が増えてきた

見ての通り後ろに何もついていない。今回はほかでもない慣熟のためC172を操縦しにRJNAまで出張った。TGL3回。格納庫でソーシャルディスタンスを保ちながら歓談。今朝の未明に帰宅した。

新橋

所用で新橋まで出向いた。もちろん「必要至急」の用件である。JRは全部着席。ガラガラではないがやはり少ない。東京駅では回送中の185系が反対側のホームに止まっているのを撮り鉄の方が写真撮影をしている。彼らも「必要至急」なんだろう。

新橋駅到着。休日に来ることはほとんどないので比較は難しいが、明らかに人は少ないと思う。試しにニュー新橋ビルに入ってみたがやはり少ない。ちなみにここに味仙があったけど、これって本物?というのは近くに味仙を名乗る店がたくさんあるのだが、これらはどうやらパチもののようだ。(もうひとつ別の味仙に入ったことがあるがリンクはみつからなかった)

以下写真は12:00ころの新橋の風景である。

駅もガラガラ
いつの間にかでかい屋根ができている
SL広場もガラガラ

新橋界隈を歩いていると「閉店」の張り紙が目立つ。結局味仙ではなく、博多天神というラーメン屋で昼食をとる。

博多天神
ラーメン 500円 替え玉1回無料

おっと、こんなことが「必要至急」ではない。今回新橋に行ったのはほかでもない、航空安全講習会に参加するためである。新橋はいろいろ航空関係の団体が集まっているのだが、今回訪れた航空会館ビルは航空図書館航空神社(残念ながら今日は休業日だった)があることで有名だ。

日乃屋カレーは休業していた
航空会館

13時から4時間ほど講習を受ける。今回は滑空機な団体が主催であったが、団体紹介を聞くと会員の年齢構成は某連盟と似たり寄ったりだとのこと。今の若い人(40代以下)たちって何を楽しみにしているのだろうか???

この講習会の参加は義務ではないが、義務である特定操縦技能審査の口述審査の一部が省略されるというメリットがある。あくまでも一部なのでどちらかというとこういうのを受講すること自体を楽しみととらえている。

一方でアマチュア無線のほうであるが、一度免許を取ったら(最近は2日の講習でほぼ100%取れるらしい)あとは法律がどう変わろうが講習の類はない。昔は電波法の法令集の抄録が局の備え付け書類であったが、いつの間にか備え付けの義務ではなくなった(私はこの瞬間アマチュア無線がCBになったのだと思っている)。したがって、最新の法を知らないままの人がほとんどだと思う(私もその一人)。その結果、バンド内をワッチしていると「なんだこりゃ?」というような方が増えていて、自浄作用もへたくれもない状態になっているような気がする。

なんか近く「講習会の受講が再免許の条件」になる日がくるような気がしてならないのだ。

パブリックコメント

先般アマチュア無線の社会貢献活動での活用、小中学生の体験機会の拡大という意見募集があったのはご存知かと思う。皆それぞれ思うところがあったに違いない。某連盟が要望書を出しているのが特徴的だと感じる。

過去にアマチュア無線技士国家試験に係る試験科目(電気通信術(モールス電信))の見直し案に対する意見の募集で、結果を見ると某連盟のAT県支部やOY県支部が支部名で意見を出しているのに違和感を感じたことを覚えている。

今回も某連盟の名前で要望書を出しているのだが、某連盟内での意見集約があったのだろうか。意見集約と言っても某連盟の体制では集約するどころか発散するのは目に見えているだろう。そんな中で連盟の名前や支部名をひっぱりだして意見をだすのはどうかと思うのだ。

ちなみに2010年のパブコメの意見の中で「アマチュア無線の活性化が図れる」とした連盟ではあるが、10年後を経てアマチュアの局数はどんどん減少している。それだからこそ今回の要望書なのだろう。

たしかに、某連盟の力かどうかわからないが、アマチュア無線についてはほぼ一貫して規制緩和が行われている。皆いろいろ思うところはあるだろうけど便利になっているのは事実。

話は少し変わるが私は以前あるパブコメに意見を出したことがある。結果のPDFを見ればわかるが、最後にちょろっと「賛成」意見が入っている。反対ばっかりだったので慌てて意見させたのでは…なんて勘繰ってしまうのだ。このあとRJFFのAIPにはシッカリと

単発レシプロ機の対気速度はせいぜい100-120ノット 今の時代ADFの搭載は厳しいね

記載されるようになった。

ここまで書いてきて「お前はいったい何がいいたんだ」と言われそうな気がしてきたので追加。

役人がわざわざ制度を変更するのには目的がある。ここでは「都会ではフリラーもパンパンになりつつあるし周波数の有効活用をしたい。でもアマチュアの周波数を取り上げるのは国際的な体面からみても難儀だろう」ということと「なんとしてでもアマチュア無線家の人口を増やしたい」と思っている利害が一致したのではないかと推測。それだったらアマチュア側からの要望があったので実施したほうが都合がいいだろう。なんてストーリーだ。

でも、過去に講習会制度で猫も杓子もアマチュアの免許を取らせた結果がどうなったかを思いだしてみると先行きは明るくないような気がする。トラックの運転手が仲間内の会話だけのために免許を取得した結果、「目覚めて」デラックスに生涯をささげる・・・なんてあるのだろうか?

今回のパブコメではすでに連盟が賛成をしているので、先の国交省のパブコメの例から見てもたとえどんなに反対意見があふれたとしても通るのは間違いないと思われる。

ゴーツートラベル

普段は東横インやらスーパーホテルを愛する人間が分不相応にもクラウンプラザに泊まっとる。地域なんちゃら券もついている。特別定額給付金が貯蓄に回っただけだったのでその反省なのだろう。

マッサージチェアもついとる

デナーのインド料理は辛かった。ホテルのレストランは怖くて入れず。

チキンを賞味

秋葉原

最近秋葉原に行くことがトンとなくなってしまった。久しぶりに書泉ブックタワーに寄って雑誌を購入する。すると「ラジオの製作」が置いてあったので購入した。9月10日発売とあったので、まあ遅れて購入である。

私もむかーし読者であった。当時買ったのラ製は全部捨ててしまった。記事には基本的なラジオの回路図があったので今となっては惜しいことをした。当時の記事は基本回路を元に「うーやーたー」の世界で調整したのだろうと思う(って失礼です!)。今ではシミュレーターもフリーで利用できるので記事に出てきた回路を解析するというのも面白いかもしれない。もっともパーツのモデルはないだろうから、モデル作りからはじめるのだろうか?と思ったらすでにやっている人がたくさんいるようだ。

アマチュアが無料のシミュレーターを使ったり、Eagleで基板設計はおろかDesignSparkで筐体の設計もできる時代になるとは。

SPAM

先日の「更新の時期」で②にドメインの更新を挙げた。実はこのサイトのドメイン以外にもう一つドメインを持っていたのだが、経費節減の折今回で終わりにしようと更新をしなかった。するとどうだろう、onamae.comから毎日数通の メールが

  • [GMO Internet]ドメイン登録期限日5日前のご連絡
  • 【失効前にご確認を】 高価値ドメインの可能性があります
  • 登録情報変更のお願い[お名前.com]
  • 【注意】webサイト・メールがまもなく停止に
  • まもなく のネームサーバーが変更されます

と、毎日のように送られてくる。へたなSPAM(amazonを語るやつとかB-CARDの類)よりもよほどひつこい。これらのうちあるメールはすでにこちらの迷惑メールフォルダに入っている。当面続くだろう。

更新の時期

まだ8月だが、9月になるといろいろコウシンするものが増えてくる。

①最初に自動車の任意保険。ネット系の保険を買っているのだが、今回はじめて弁護士特約と轟天號のための自転車賠償特約もつけた。するといままで2万円を切っていた保険料が3割もアップしてしまった。

②続いてはこのidoukyoku.netのドメインも更新である。たぶん4年目じゃないかと思う。いつから始めたのか覚えていないのだ。これも3年分でそこそこの出費。

③さらに2BVOの再免許。これはすでに済んでいる。

④最後は移動運用専用車両の車検 10月に予定。いったいいくらかかるのか心底不安。

AC県支部大会

リモートでやるというのでどんな感じになるのか興味がある。朝10時からYoutubeのライブを待ち構えていた。ところが30分経っても一向に始まる気配がない。某局にメールすると技術的な問題があるとかでZoomのみでやっているとのこと。気が乗らないがメアドを登録してみると案の定「ソフトをダウンロードしろ」と出てくる。アヤシイソフトはあまり入れたくない(先日やむにやまれずChimeを入れたが、用が済んだらすぐに消えてもらった)。

昼になって再びYoutubeを見ると12時30分ころからスタートするとのことで再び視聴してみた。舞台で女性がマイク片手に踊っているのが見える。音がぼそぼそ言って聞こえない。カメラワークもない。リハやったのだろうか。

まあ初回だからしょうがないのだろう。今後連盟の行事がこういう方向にいくのだろうか。今回見ていて思ったのは、ホールの奥でたいそうな機械を前に偉そうに指図している人(ディレクタっていう人でしょうか)ってやっぱり必要なのだなと思った一日であった。

会場ではQSLも受け付けていたようなので行く価値はあったのかもしれない。この会場の近隣には安価な駐車場がないので個人的には2032市のままでいいと思うのだが。

抗体(+)

先週の土曜日に検査結果を聞きに某クリニックへ。コロ助の影響でクリニックはどこも閑古鳥が鳴いているようだが、このクリニックは客が多いらしく、1時間半近く待たされる。近所で検査できたのはいきつけ?のクリニックではなくここしかない。まあ、涼しいのでヨシとしようか。結果は2分。判定は抗体あり。

検査は無償。歳がばれるね。それにしても昔どっかでかかったのかなあ?身に覚えのある、なしにかかわらず該当するご年齢の各局はクリニックへ急ごう。

今回のコロ助の影響で他の感染症の検査が滞っているのではないだろうか。そっちのほうがむしろ心配。

あーあ

ついに中止となってしまった。コロ助の影響で今年は参加しやすい日程だったこともあり、楽しみしていたのであるが。

某連盟にとって、ハムフェアは事業としてオイシイイベントなのだろうか?収益があがっているとすれば、連盟の財政に影響がでるだろう。

実はこの日にカードを持って行こうと満を持していたのであるが。。。