其の他」カテゴリーアーカイブ

成年の出張 a.k.a 青年の主張

今日はご老公を見に行ってきた。

光圀主従 このあと猛烈な雨

往復に常磐線のときわ號を使った。今回は初めて在来線特急券をえきねっとで予約。チケットレス乗車を敢行した。情弱であるからいまさらではある。

新幹線は交通系カードで紐づけができるのでそのまま入場できる。ただし、従来のきっぷでは「都区内」とか「山手線内」というところで入出場できたのが、この方法ではできない。もちろん新幹線の駅から降りる駅までの料金を交通系カードから支払えばよいのだが、なんか損した気になる。

さて、在来線特急でチケットレスは初めてである。予約のページを見ると今回は特急が停車しない駅から入場するので、そこまでの切符をあらかじめQRコードを使って券売機から取り出す作業が必要だという。この時点で頭はすでにオーバーフロー気味だ。しょうがないので乗車日前=先日サンライズ出雲を下車したとき。このときは高度なチケットレスはできないので都区内の駅で降りることができた=に券売機から乗車券ダウソした。ところが、この時点で特急券は出てこない。何回かやっているうちに券売機が「取扱中止」になってしまったのでやむなく改札へ。するとどうだろう。このQRコードでは乗車券しか取り出せないという。

少々不安を覚えたが、常磐線の特急もたしか乗車すると天井にあるLEDの色が変わるので、きっと「手持ちの交通系カードでタッチするんだろう」と思って当日乗車した。ところが乗ってみるとLEDはグリーンに。タッチする必要がなかった。つまり完全にチケットレスなのだ。

やがて電車は水戸のご老公がいる駅で下車。復路の乗車券を券売機からダウソした。

一応仕事で来ている。昼すぎまで仕事をして「いきつけの洋食屋」でランチ。当初予約していた電車よりも1本早く乗れそうなので、乗変を試みる。いままで券売機でシートマップを見ながらできたのであるが、するとどうだろう、乗変できないではないか。つまりチケットレスであるから、乗変する根拠がないのである。(おそらく)

みどりの窓口で20分ほどご教示願ったが結局結論は・・・なんとか解決してもらったのだが教訓として

・乗変をかけたい場合は乗車券を乗車直前までダウソしないでおこう

のようである。ちなみに乗変しない状態で先発の特急に乗った場合は追加で「車内特急料金」を徴収されるとのこと。もちろん乗り遅れた場合、当日は後発の特急料金は徴収されない。

 

成年の出張

リーマンゆえに第7波も第8波も関係ない。出張である。

第2波のころもガラガラの新幹線の中や空港のカードラウンジに居た。あれはあれでいい思い出である。今は以前ほどではないが人いる。

2021年7月某日朝9:30のRJTT 第2ターミナルのカードラウンジ 誰もいない

そして夏休みである。羽田空港の出発ロビーにはたくさん(それでも過去程ではないと思われるが)人がいた。

今回の出張先はSN県である。行きはJLのクラスJ。この便は座席が以前に国内ファーストクラスで使われていたのだろう。クラスJは座席の落差が激しいと思う。まあ、なんの特典もないしね。おぢさんはこの座席の使い方がわからなかった。

そして復路はサンライズ出雲號を使うことにした。このため車を運転する時間が長くなった。途中RS35-17でジェラートを食べるが運用する余裕などはない。

寝台列車は昔はたくさん走っていた。商用でこれを使う人も多かったと思う。昔は「ぼくも大きくなったら寝台車で出張に行くんだ」と思っていたが、今日まで果たせていなかった。今回それが実現するのだ。

出雲市駅始発から乗車。まずは駅弁の調達を試みたが、コロナの影響とのことで在庫が少なかった。かろうじてカニ寿司とアゴのちくわをゲット。それでも夏休みである。お子様連れのご家族がいた。

入線前。お作法にしたがって4号車から乗り込む。今回の座席は1号車の1。最後尾である。よく揺れた。サンライズを使うのは2度目。1回目は大昔に天井を見に行ったときだ。そのときはそんなに揺れなかったと思ったのだが。シャワールームを使ったのは初めて。電気ボイラーを使っているのだろう、連続して使うとボイラーの湯がなくなって準備中になるようだ。

チケット一式 みどりの窓口が閉鎖されてからチケットを取るのが大変になった 当初A寝台を確保すべく早めに動いたのだが・・・

列車はほぼ定刻とおりに到着。するとみなさん車両後方に記念撮影のためぞろぞろとやってきた。自分もその一人。

赤丸の位置が私の部屋

マイナポイント

私は情弱である。

世間ではマイナポイントと称されるバラマキ施策が行われていると聞く。以前からマイナンバーカード(個人番号カードに統一すればいいのに・・ややこしくなるばっか)は持っているが、今回は登録するとポイントがもらえるということで釣られることにした。

いろんな会社が囲い込みに精をだしているのだろう、ぐぐればぐぐるほどいろいろな情報が出てきてわからない。だいたい「ポイント付与」という言葉自体がひとを釣っているようで香ばしい。そんな面倒なことをしなくても登録すれば直で銀行口座に現ナマを振り込めば済むものだと思うのだが違うのだろうか?そもそも個人番号カードに決済機能を持たせればこんな面倒なことしなくてもよかったのに。きっと大人の事情がそれを拒んだのだろう。

登録に使うのはもちろんパソコンである。スマホというものも使えるとのことだが、情弱な私はガラケーしかもっていない。ガラケーで十分なのですよ。

さて、言われるがままにPCのブラウザにマイナポータルなるものを入れてみた。ブラウザの拡張機能らしい。マイナポイント=じっさいには決済サービスのポイントのようだが=をゲットするためにはキャッシュレス決済サービスと紐づける必要がある。この過程でマイナIDというものがいるそうで、さっそく登録しよう。するとどうだろうFirefoxではサポートされていないと言ってきた(マイナポータルAPはfirefoxでも入れられた)。しょうがないのでイータ君のときと同様エッジを使ってやってみるとクロームの単語が出てくる。ややこしい

てやんでい、こちとら親の代からNetscapeなんでい!

インストールしていくとPKIがどーのこーのというメッセージが出てくる。これってイータ君の時にも出てきた記憶がある。とにかくいわれるままにクリックしていく。その間に何度か個人番号カードの利用者電子証明書やら券面事項入力補助のパスワードを入れさせられた。ややこしいのでみんなどっかにパスワードを書いた紙を見ているのが目に浮かぶ。(3回間違えたらリセットで役場に出頭する必要あり)

とりあえず、マイナンバーカードの登録と保険証の利用登録が済んだが、公金受取口座の登録が残った。すでに銀行口座はすべて紐づけが完了しているはずなのに何をいまさらである。受取と書いてあるがこれは支払も意味しているのだろう。今度はマイナポータルAPから登録して終了。

以上で完了したはずである。さて、大金20000ポイント何に使おうか。