QSL」カテゴリーアーカイブ

カード作成2

先日発注したQSLカードが届いた。写真カードを作るのはグアム移動以来である。あのときは正直JPEG画像と実際の印刷と想像以上にちがってしまい、「暗い」カードになってしまった。その教訓もあって今回は校正(といってもPDF上ではあるが)できる専門業者に発注することとなった。

当初納期は2週間という話であったが、校正が完了してから5営業日で完成したようなので思ったよりも早く手元に届いた。昨日ヤマトが持ってきたようだが、彦根城に花見に行っていたので受け取ることができなかった。

花見中

今回作成したのは1000枚。今のペースだと全部発行するには5年以上かかる計算だ。

カードはここではお見せできないので、ぜひQSO願います。

カード作成

写真カードを作成してみた。今まではハガキ用紙に印刷しているカードであるが、ここは気分一新というわけである。問題は普段コンテストしかオンエアしていなことである。一応コンテストのQSOはこのカードを使わない予定。コンテスト以外ではQSOパーティー(世間ではQパと呼ぶらしい)くらいしかオンエアがないのだ。Qパもコンテストか。

となると、使い切るまで一体どのくらいかかるのだろうか?

領収書

某連盟から「手数料 領収書」のハガキが送られてきた。先日コンビニ払いで支払ったのだが、今までは入金後「即時」で「着金のメール」があったのであるが、今年はなかった。あれもオプションなのかな?

これで来年の4月までカードの転送があるのだが、ここひと月、肝心のコウシンをしていない事実がある。

払ったった

さっそくJARLライフメンバー転送会費の支払いを行った。これで1年6回カードを受領できる。昨年の例にならえば、そろそろ第2回持続化給付金がでるはずだと期待していたが、無理そうだ。しょうがないのでコンビニまで轟天號を飛ばしていく。

参考までにQSLにどのくらいお金をかけているのか調べてみる。昨年の6月の時点で某連盟の会員数は65295名である。一方来年の2021年冬号を見るとQSL転送費の予算は76100000円とある。単純に1局あたりの費用は会員数で頭割りすると1165円となる。もちろんほとんどQSLカードを交換しない人もいるだろうし、ライフメンバーのままカードを転送していない幽霊(ホントの幽霊だったら困るけど)会員もいるのでこれはワーストケースである。実際にはもう少し費用がかかっているはずだ。もう少し正確に計算しようと思ったがライフメンバー転送会費を払っている人数がすぐに出てこなかったで断念した。

世間には1年で40,000QSOする方もいるようだ。ここまですれば元は取れるかもしれないが、やりとりするカードの量も半端ではない。印刷・発送・受領・保管・整理が追い付かなくなるのは目に見えているので、今の移動運用の状態で自分は十分だと考えている。

NIL

巣ごもり期間延長である。もうしばらくは「メイン各局」である。そんななか先日430MHz J3EでQSOを行った。たまたま、SSBバンドをワッチしていたところ、強力な信号の呼び出し局を受信。こういうとき私的に「ちょっとどーかなー」というような調子のCQingは応答しないケースが多い。(どんなことかを具体的に書くと「それは私のことを言っているのか」という文句のメールが届いたりする。まさか「はい、おっしゃる通りです」とも言えないのでそのまま放置することになる。そんなこともあって具体的には書かないことにしている)

基本に忠実なCQingであることから、この方のCQに応答することにした。ハムログでチェックすると2回 CWでのQSOが記録されている。交信を始めると先方から「3回目のQSO」であることと「初回は1995年8月」というお話が返ってきた。「あれ?」と思い初回QSOの日を確認するとログには交信の記録が載っていない。さらにお話を聞いたら「8エリヤにて」というお話。当時はまだ移動運用を本格的にやっていなかったので記録がない。

当時の貴重な写真?

そんな楽しいQSOが終わったあと、あらためてQSLカードのデータベースを検索した。すると確かにカードをいただいた記録があって、コメント欄に「NIL?」と書かれている。早速返事のQSLを出そうと思う。

1995年といえばふた昔前である。ログの片隅にそんなことが書いてあったことに感心した。そして、こちらも当時の状況を思い出すことができた。こんな邂逅もあるのだなと感心するとともに、もうしばらくはメイン各局でもいいかなと思い始めた。

カード倒着

月末には間に合っているがこちらも到着が遅かった。発送完了日ぎりぎりだった様子。巣ごもり需要で交信数が増えたため、ビューローに負担がかかったことも影響しているのかもしれない。ひさしぶりのレターパックサイズに2塊だった。

カード到着

今回はいつもより遅かった。レターパックサイズに2塊入っている。リードタイムが4か月ほどなので、今回のカードは9月ころという計算になる。確かに8月・9月はQSO数が少ない。納得である。(納得しちゃあいかんでしょうが)

カードがたまってきたので、勇躍某連盟本部に凸した。連盟のページを見ると特別体制ではあるが、カードを持って行くことは問題なさそう。ということでメトロ1日券を購入する。新大塚から徒歩5分某連盟総本山着。エレベータで6階に上がると入り口が暗い。いやな予感がしたが、ちょうど別のドアから女性が出てきた。聞くとカードを受け付けてもらえるとのこと。ひと安心で会議室に通される。

八双前のカード 「結構多いですね」と言われたが先月25日からのQSO分

カードを受け付けてもらったが今回はもう一つ目的がある。それは「ステッカー台紙の購入」である。NYPのステッカーもたまってきて、そろそろ潮合も満ちてきたころ購入することにした。2枚(謎)で880円。

普段は入り口にかごが置いてある ここにカードを投入

連盟を出て丸ノ内線で淡路町。ここからアキバに凸である。時刻は10時55分。店舗が開くには少し時間がある。この時間はまだ立ちんぼもいない。今回の主目的は6.2VのツェナーとEMCフィルタである。フィルタは初めて行くショップへ。しかし開いていなかった

今回の収穫は次のとおり。昼にアポがあったので早々にアキバを後にした。

今回の収穫品 さらに工作活動が続く