QSL」カテゴリーアーカイブ

カード発走

某連盟本部を訪問してNYP分までのQSLカードを発送した。某連盟入り口のかごにカード入れて記帳する。そのあと資料室で海外の連盟の会報(といっても英語くらいしか読めんのだが)をぺらぺらめくっていたら、よく見かける女性陣が入ってきた。どうやら「会員増強キャンペーン」の座談会をやるみたいである。やがて某諧調も登場(昼時に連盟に行くとよく会長に出くわす)。

イベントで資料室も使うというので場所を会議室に移動させられた(私は別にどこでも構わないけど)。ちなみに資料は実費でコピーさせてもらえる。日本のCQとかQEXをコピーさせてもらえるかどうかわからないが、QSTとかを閲覧できる場所はここ以外ほとんどないハズなので貴重だ。

あくまでも資料室なので、もう少し充実してほしい気持ちである。図書館レベルにならなかなあ。巣鴨の時はもうちょっとしっかりしていたようだが、今はスペースに制限があるのだろう。スペースがないことによるハードを含めたいろいろな資料の散逸が心配だ。

資料をコピーしていただいて1時間ほどで退散。次を目指した。ちなみに使った切符はコレ。東京メトロの運賃はどっかの地下鉄に比べて破格に安い。1枚600円切符だと私のような辺境の住民は3か所ほど回るとぎりぎりモトが取れるレベルである。

東京メトロ運賃表(ただし、乗って快適な乗り物ではない)
某政令指定都市交通局の地下鉄運賃表 黒字になったそうだ

運賃でいくと2201市の地下鉄運賃が最強のようだ。

年末行事

年末といえば大掃除である。ボロアパートの風呂の掃除を敢行した。そして移動運用専用車両に荷物を積み込む。

前後してPCのデータのバックアップ。これが時間を食う作業でほぼ1日かかり。 なにかと流出騒ぎの世の中、 一部はGPGで暗号を掛けておく。

移動中のログはクラウドで直結しているので、紙ログからの転記という手間は減った。まだQSLカードの整理という一大事業がある。途中経過であるが、以下に移動運用先の分布のグラフを貼り付けてておく。

QSLにこちらの移動地が記載されているものだけを集計 たとえば単に/8のみ記載されているものは除外している
また、北海道は支庁ごとではなくHDとして集計(日高じゃないよ)

やはり多いのは長野県である。つづいて北海道と愛知県が並んでいる。北海道はやはり局数が稼げるのだ。沖縄を含めると全体の4割を占めている。一方数が少ないのはHS,KT,YG。来年はこのあたりを集中して移動したいと考えている。

ということで、皆さまよいお年をお迎えください。

カード到着

HPIひさしぶりにメール便サイズ。でもうすっぺらい。

BVOの方はポストに入りきらなかったようで、明日配達してもらう手配をした。(別に量が多いというワケではなくて先日ボロアパートのポストを交換した際に入り口が小さくなったことによるものと思われる)

LoTW

先般の1341市と1231市の運用をアップロードした。各データについては市郡番号やグリッドロケーターを入力しているのだが・・・

実はほとんどQSOがCFMされていない。LoTWはそもそもDXCCな人向けのためだろうか国内QSOが主のOM方には見向きもされていないように思える。

CB TESTの電子ログを提出。規約読むと形式が書いていないんだよなー JARL形式R1.0にて提出。

あと、FDとACAGのコンテスト開催時期についても「思いのたけ」を提出した。

カード整理

やっと昨月末に届いたカードの整理が終わった。

15年前7MHzでQSOしたカードが届いていた。15年前といっても2000年代なんだよなあ(シミジミ)

一番最新の到着カードは次の通り

HPI 5/4 QSO分

BVO 6/9 QSO分

残り4000枚

FenrirFSを使ってカードの整理をしている。(やっと)残りが4000枚を切った。こうしてやりながら「果たして意味のあること」をしているのかしょっちゅう疑問を覚える。

とりあえずログの電子化を超える一大事業にほかならない。

やっていることは簡単である。カードをスキャナでPDF化してFenrirFSで紐づけをしているだけだ。