ACAG2018

と言っていいのか?

荷物は積み込んだ(というよりも可燃物以外はずっと積みっぱなしである)が、T1825が日本海を通るとやっているので、気が気ではない。

天気予報は何かを期待するかのように台風の接近を告げていた。

ということで早めの判断を行い、運用地と運用時刻を変更することに決めた。それにともなって運用装備を大幅に変更した。移動運用専用車両の荷室の雰囲気もいつものと違っている。

食料とか寝るための道具は全部下ろした

移動開始は日曜日の午前。場所は昔住んでいたことのある場所の近くにある某山である。毎回コンテストになるとこの近辺からいろいろな局がでているようだ。住んでいた当時は有料道路だったこともあって、ここからの移動運用はない。今回行ってみると、非常駐車帯などいたるところにバリアがあって、運用できる場所は限られている。

やっと見つけた場所で設営。

設営風景 UTV-2400Eがなつかしい 入手したのは2000年ころだと思う

実は2.4Gのフィールド運用はこれが初めてだ。そんなわけで、勝手がよくわかっていない。少なくとも雨が降ったら運用できないだろう。この日は10月なのに真夏日。汗だくになる。

アンテナはアマゾンで購入した無線LAN用のディッシュ。垂直偏波である。

某誌が好きな「シャックの構築」例

2.4G から上は昼前後の時間帯が勝負のようで、すでに出遅れであった。

収穫だったのは、郊外に出ると「無線LANからの混信」がほとんどなかったことである。もっともお客さんは都会にいるので、交信は難しいと思われるが、移動局同士だったら2.4Gも捨てたものではないのかも。

SSD化

愛用のHP Z620のブートディスクをSSD化してみた。

例によってアマゾンで5600円ほど出してKingstonの240GのSSDを購入。送られてきたものは2.5インチ。こちらは型落ちであるが、まがりなりにもワークステーション。ディスクはマウンタをつかっている。

ということで3.5インチディスク用の変換マウンタを追加購入することになった。

最初はWindows 10付属のイメージバックアップを使って、回復ディスク(USB)を作ったりしていた。が、リストアがうまくいかない。どうするかと悩んでいたところ、私のような初心者にうってつけのEaseUS Todo Backup Freeが使えることを知って、ダウンロードしてみた。(ただし、このツールは怪しい記事もネットに上がっているので注意したほうがいいかもしれない)

今回の作業はブート用の500Gディスクを240Gのディスクにクローンするだけである。500Gと言っても、Windows10が入っているだけなので、中身は60Gほど。作業時間はおおよそ30分ほどの工数である。

クローン化をしてみたもののSSDからブートできない。ネットの知恵者の記事を参考にするとMBRフォーマットしていないととある。確かこのSSDはMBRでフォーマットしていたのだが・・・(ここまですでに2回クローン作業をやっていることに注意)

結論からいくともともとこのZ620のCドライブはGPTディスクとなっていて、ここからクローンをしているので、結果的に出来上がったSSDはMBRではなくて、GPTになっていた。

肝心の回復方法であるが、最初に作ったUSB回復ドライブを使ってブートしてシャットダウンしたら、なぜかうまくブートするようになった。(特に回復作業とかやっていません)

どうして動いているのか?動けば正義という格言がこの業界にあるけど、しばらく使ってみるつもりである。(もちろんバックアップは慎重にとっておく必要がある)

せっかくの連休こんなことやってていいのだろうか??

カード到着

BVO メール便サイズ

HPI 中袋

いよいよ月末一週間前に到着するようになった。

先日の沖縄移動のカードも入っている。転送も軌道に乗っているようだ。

大山鳴動・・・

本日時間を見つけてJC〇Mに電話を入れてみた。いきなり解約ではなく、最初は「IP電話を解約したらいくら安くなるか」という問いからである。電話は込み合っているようで、いったんつながったが担当者がつかまらず折り返しだそうだ。

やっと担当者から電話があった。さきほどの質問をぶつけてみると意外にも「(固定電話のみ解約すると)パック料金でなくなのでかえって高くなる」という話である。こちらとしては先日回線速度を測ったところ〇CNとの差が歴然としていたので、ネットだけでも残そうと思っていたところだったのに出鼻をくじかれてしまう。

しばらくやりとりをしているとなんと「お客様のボロアパートでは昨年の5月から料金プランが変更になっており……」「アパートのオーナーさんの意向で料金が割安に」さらには「今までのプランよりも高速で(なんと320Mだという、家のLANより早いわ)、かつ料金が1000円安くなる」というではないか。

「それを早く言ってよぉ~」というのは常套句であるが、どうやら昨年案内のDMを出したらしい。だいたいこういうたぐいの手紙はロクな内容がないので普段は右からゴミ箱へ直行しているのだが、不覚だった。もっともこれ(現在120Mで実測45M)以上早くなってもなあ。

ということで契約はこのままということで、大騒ぎした割には元の鞘に収まってしまった。さあ、どうするHT-801+プラステル。そうこうしているうちにまたSIP Invite攻撃が始まってしまった。(ポートを変更して対処)ちなみにこの攻撃は〇CN、JC〇Mどちらでも発生している。

余談であるが、現在外壁工事をしているボロアパートは工事も佳境に入り、塗装が始まった。窓がビニールで覆われてしまい、開けることができない。まるで温室にいる状況。

950登録

仕事を休んで950登録というものを行ってみた。

この近くの陸運支局へ行くのは2度目。(1度目は移動運用専用車両の住所移転)

総合案内があるかと思ったが…ない。しょうがないので2号様式だけを書いて「受付」へ。(この様式昔は一枚50円で買い求める必要があったが、今は無料である。MLITのページからもダウソできる。いまだに紙を使っているようじゃどうかと思うが。)

10分ほど待って受付から言われたのは「事前確認」が必要なので別の窓口に行ってほしい。とのこと。「ユーザー車検」を受け付ける窓口へ向かう。水曜日の午後2時ころだったが、ユーザー車検も結構混雑している。それと外国人が多いなあ。日本人だとディーラーに任せるケースが多いんだろうけど。あ、そういえば前に車検整備に出していた工場も「研修生」を雇っていたっけ。

この窓口では「手すき」のときに確認書類を作るとのことで、待っててほしいといわれる。30分ほど待っていたが、果たしていただいたのは車両重量の計算書であった。実は事前にネットで計算して持ってきたのだが、手ぶら(車検証はいるが)でもよいことが分かった。初期の計算からは主ブレーキありの場合の重量が減っているが、致命的ではない。(仮に1.6トンをけん引した場合、けん引装置のほうがもたない)

さて、この紙を持って再び受付へ。また10分ほど待つ。書類は問題なく受理される。番号札をもらって車検証ができあがるのを待つ。この時間が長くて45分ほど待つことになった。陸運局は人の動きに波があるようで、15時30分を回ると受付の待ちはほとんどなくなる。一斉に受付に書類を出すため、車検証を作るのにも集中することになる。こういう変更だけだったら最後のほうのタイミングを狙えばよいという教訓ができた。

やっと自分の番号(といってもシーケンシャルじゃないけど)を呼ばれて車検証を受領。ちなみに費用はタダ。このあと別棟(納税)に行けと言われる。

今回の950登録で税金が増えるとか印紙が必要であるというわけではないが、車検証に変更が生じた場合は届ける必要があるようで、自動車取得税・自動車税申告書(報告書)を一枚書かされる。

陸運支局に入って約2時間で終了。業者に頼むとなんだかんだで2万円くらいとるのだろうか?まあ、人件費だけを考えてもプロに依頼すればそのくらいかかるのかもしれない。

規制緩和で950登録ができるようになったわけだが、こういうのって新車登録のときにデフォルトで記載されててもいいような気がする。

ちなみに私の移動運用専用車両にはヒッチメンバーはついていない。

商状

第28回静岡コンテストの賞状を受領した。

前のGIMPのモザイクのほうがいいなあ

chromeなら

www.idoukyoku.netもちゃんと変換できるようす。きっとものすごい初歩的なところでドツボにはまっているのだろう。

ちなみにIEではでかでかと

このサイトは安全ではありません
とでてくる (まあ、役にたたんことは事実だが)

発々

お叱りを受けるかもしれないが、やはり室内で炊くのはどうかと。

ご近所への音の配慮があったのかしれないが、こうなるといろいろと行政からの指導やら規制が来る。(最近ではプロパンボンベは個人に対しては充填してくれなくなっているようです)

最低限説明書を読んでもらいたかったところ。