ごあいさつ

「移動局のブログ」へようこそ。1995年ころからリムネット上でBVO’s roomsの運用を開始してはや四半世紀。時間の経つのも早いものです。遠い目になってしまいます。idoukyoku.netも開設以来すでに8年目になろうとしています。

普段はアパマンハムではなくて、ただのアパート住まい。無線はほとんど移動運用のみというのが実態です。諸OMのように活発に移動しているわけではないので、idoukyoku.netなんてドメインとってもしょうもないのですが・・・

普段は40mと30mのCWのみで出ています。最近はクラスタの発達もあってそろそろやりつくした感が大きいこと、新陳代謝が進まないこともあるのでしょうか、だんだん呼ばれなくなっている感じがしますね。移動するたびに呼んできたOMさんがパタッと呼んでこなくなると感じるものがあります。おそらく向こう5年で劇的に減少すると思われます。私も他人ごとではありませんが、ほそぼそとやっていく所存であります。

とりあえず、大したコンテンツもありませんが、お受け取りになったQSLカードの片隅に書いてあったこのURLを頼りに来ていただいた方に少しでも楽しんでもらえればと思います。よろしくお願いします。

お願い みなさまいつもたくさんのQSLカードありがとうございます。一枚一枚目を通してログのチェックとカードのデータベースに登録を行っています。CW交信が中心ということもあり、カード交換の約束はしていません。暗黙の信頼関係で発行しています。もちろん、ビューローに入っていない方や、そもそもカードの発行をされていない方もいらっしゃいます。私はそのスタンスを尊重します。そのような方はリストに登録したうえで、ログにNo QSLのマークをつけてカードの発行はしないことにしています。これはビューローの負担を軽減する意味もあります。ただ、そのような方の一部で「移動局からのカードが届いていないので、たいへん昔のQSOをまとめて発行される」方がいらっしゃいます。突如10年近く前QSOにさかのぼって大量のカードをいただきますが、それはやめてください。交信後カード交換を希望される方はなるべく早め(交信後2-3年以内)にカードの発行をお願いします。なお、QSL未着の場合はe-mailでお問い合わせいただくことを強くお勧めします。なお、e-mailアドレスはちゃんと届くアドレスでお願いします。過去に「アワードの申請に使うから住所を教えろ」とメールを送ってこられた方があり、返事を出しましたが携帯のメールアドレスらしく届きませんでした。確認でき次第QSLの発行をいたします。ただし、確認できない場合は当たり前ですが発行はいたしません。

よろしくお願いします。font-nasa