カード到着

小袋で到着。

カードの転送がかなりよくなっている。3月末の転送で今年1月4日にQSOしたカードが入っていたりする。

巷ではアマチュア局の減少が進んでいるということであるが、実際にカードの取扱量も減っているのかもしれない。こちらも移動運用をしているとだんだんと呼ばれなくなってきている感じがする。

自分はずっと続けてきたクチであるが、知り合いの中には「老後の楽しみ」としてせっせと働いていらっしゃるかたも見る。さて、引退してみると相手がいなかったなんてことにはなりかねないだろうか。

カード到着

先日カード回避を振り込んだら、今日はカード到着。いちおうメール便サイズだが中身は半分。

それにしても某局とちがってデラックスがないなあ。。。

JARL転送回避

ローソンのLoppi端末の前に立ち番号を入力すると「振り込め詐欺」への注意のメッセージが現れた。一瞬ためらうが、指定された通り3600円を振り込んだ。

会費前納会員(じゃなくって今はライフメンバーというのか)のうち転送会員が何名いるかわからないが、私同様にこの時期に一斉に振り込むことになるはず。

残件

10000を下回った

QSLデータベース(構築中)

SQL-Liteを使ったアプリ(FenrirFS)を使ってQSLカードの整理をしている。最終的にほとんどのカードが電子データとしてのこり、実の紙媒体は「処分」することになる。(処分に抵抗があるが、昔のQSLは個人情報の宝庫=とはいってもすでに陳腐化しているのも事実だが=なので自分が判断できるうちに処分したほうがよいと考え始めた)人によっては黒歴史かもしれない
機能としては検索式でQSLを一発検索できることである。たとえばこんな感じ

サフィックス”MUC”を持つ局と1.2GでQSOしたHPIのカードを検索

カード到着

中袋と小袋。

6月から8月にかけてアクティビティーがほとんどなくなってしまったのが原因か。

「コンテストでカードを転送しないで」という風潮もあるので、そろそろ潮時か。QSLの電子化のいいきっかけかもしれないけど、そうなると本当に味気ない気がする。

カード到着

BVO メール便サイズ

HPI 中袋

いよいよ月末一週間前に到着するようになった。

先日の沖縄移動のカードも入っている。転送も軌道に乗っているようだ。

人違い

ハムフェアで小耳にしたうわさであるが、帰宅して5chを探してみたところたぶん別人のことだと思う。

たしかにwww.idoukyoku.netでアクセスできない。なんとか301転送で解決しようとしているのだが、まだできていない。

もっともこのページはSEOしていないし、カードのURLをたよりにしてたどり着いた人相手なので、そんなに有名になる筋合いではない。

おっと、そういえば今日転送したカードのかなり(5月時点)はwww.idoukyoku.netのままだったなあ。

カード整理

今回は

HPI 20枚 (ほか、東京UHFの参加証)

BVO 116枚だった(ほか、1枚ログなし)

だった。

カードは最近スキャンをかけてFenrirFSで整理しようとしている。(現在進行形なのは過去のカードを処理しているため)

カード到着

月末ぎりぎりだったのが、いつの間にか1週間前に届くようになった。ビューローでの処理が順調なのか、そもそもカードの転送枚数が減っているのか。

転送枚数減少?の証拠にこちらのカードは夏枯れ。回復すべく一挙に発送予定。

夏枯れといえば、ボロアパートの外周工事がいよいよ始まった。このクソ暑いのに発注する方は頭がおかしいのではないかと思ってしまう。土曜日も工事するらしく、こちらはカーテンを閉め切って外の足場を歩く音を聞かなくてはいけない。(職人さんは悪くありません)

ベランダに置いてあるディスコーンもどかさなきゃいけない。