19015A

2019市の次はなぜか19015A。特にこれといった目的はなくて何となく運用してみた。しいて言えば「小さな自治体だから呼ばれるのではないか」というところ。19015A町は公園らしいものがなく、空地を探すのに苦労した。

夕べが池自然公園」には水場も駐車場もあったが、この写真の背景のように中波の送信鉄塔が近くにあるので今回は遠慮した。

結局道路端で運用を行った。この場所は堤防の護岸工事のためドン詰まりとなっていた場所。風が強くグラスファイバーポールがかなりしなっている。

右手方向は工事中で立ち入り禁止となっている


2019その2

翌日もう一度2019市へ出張ってみた。某局がおっしゃるように西暦と一致する市に移動するのは酔狂以外にほかならない。

来年は2020で欠番。AC県は2040まであるが、2021以降は今のところ連続している(2037あたりが脱落しそうだが)。そこまで自身持つかどうか。。

今回の運用場所は「蘇南公園」グランドも静かで車が何台か止まっているだけ。早速運用を開始した。

まあ、いろいろな人がいるわけで

近くでバイクのジムカーナ(って表現でいいのかな?)の練習をやっている人たちがいた、最初一人だけだったのだが、だんだん数も増えてきた。AF的にはノイジーだが新しいバイクなのだろうか、RF的なノイズが出ていなかったのでヨシとしよう。

午前中1時間半ほど運用して次をめざした

2019その1

毎年恒例となった伊那のラーメン大学でρメンを食す。

今年の運用場所である2019市を目指す。到着したのは14時30分。30分ほどで20局をさっとやって宴会場所に向かうつもりだったが、おもったよりもてこずる。みなさん午前中に20局やって午後は無線から離れるのだろうか?

運用場所は「江南フラワーパーク」まだ整備中で奥の駐車場の一角をかりて運用を行う。

江南フラワーパーク

1時間以上かかってやっと20局。あわてて今日の宿泊場所へ投宿。45分ほど遅れて宴会に参加した。

みなさん、着々とシャックの構築をされたり、FT8に出ていたりしていてうらやましい限り。こちらはあまり変わり映えしない運用スタイルである。

そういえばクラスタをみていたらFT8もたくさん出ていたので、CWな人がそっちに流れているかもしれない。

0904

今年初めての移動は0904市。高速を走っていたら、須玉あたりで急にスピードが落ちる。甲府までは天気がよかったが、雪がちらつきはじめた。警告板には「低速作業車」の文字。チェーン規制は安曇野からとあるのでまだ大丈夫だと走っていくと、やがて時速50キロまで低下。少し先には除雪車が走っていた。

諏訪インターで降りていつもの「常置場所」に行こうとしたが、路面は積雪。(実は天気予報を見てタカをくくっていた)やがて9時になりニューイヤースタートである。湖岸の某所でオンエアしてみるが、盆地の底ということもあってかすりもしない。

陽が登ってだいぶん雪が融けてきた。R20を松本方面に移動してみる。塩嶺峠の途中でオンエアしてみる。

装備はホイップ。先に見える道路は旧道のため雪が残っている

145MHzFMで23局。運用を終えたころには路面からは雪が消えていたが、交信していただいた方も一様に「今朝起きて雪だったのでびっくりした」とのこと。

次を目指した。


13008f

バッテリの充電もしっかりなので、昼前に移動を始める。今回は先日中国様から送られてきたシガーソケットをバッテリにくっつけてPCに充電できるようにしたもののテストである。

これがうまく動けば発々の登場回数はかなり減るだろう。

移動先は13008fである。吉見町総合運動公園に午後2時に到着。なにやらイベントをやっているようで、テントがたくさん張ってあった。離れた場所に運用場所を確保。騒々しいのは嫌いだ。中国様からの妨害電波を心配したが、平穏である。

まず10MHzから。特に公園のナンバーは打たない。そのあと7MHzまでゆっくりとQSOを楽しむ。もうそういうカタチでいいような気がしてきた。

1時間半ほど運用。撤収した。やはり冬は確実に近づいている。


運用風景

1334

1334市といえば、秋月だ。駐車場があるので、ただでさえ足が遠のいているアキバがさらに遠くなる。ホント最近アキバに行っていない。

さて、運用場所は以前に訪れたことがある場所。ほかのサイトを検索してもやはりここになるのだろうか。

今日はLW+ATUではなくHM6を使ってみた。無線機のレイアウトを変更して以来初めての運用になる。SWRが落ちなかったが、こちらの単純なミスだったらしい。

うれしいことに某国からの妨害電波がほとんど聞こえない。もしかしたらこちらのアンテナがしょぼすぎるのかもしれないけど。

運用風景 周りに人がいないのがウレシイ

アンテナがアンテナだけに空振りが続く。やがてクラスタに上がったようで、ぽつぽつと呼ばれ始めた。今回の運用は完全にクラウドに接続されたPCでロギングしている。このため、相手のQRAがすぐにわかるので助かる。

呼ばれだしてからしばらくしたら、ご近所さんが近づいてきた。こちらはキーボードでキーイングしているので何もしていないように見えたのか、話しかけけてくる。ちょっと困った。「呼ばれているので」ご遠慮していただく。(すみませんでした)

1時間ほど運用。来週のために給油して帰宅。帰宅してからもちゃんとログはクラウドに上がっている。メインのマシンからスグにQSLを印刷。来週に備える(謎)。

課題としてはパソコンが1時間半しか電池が持たないことだろうか。同じ時間でポケットルーターは10パーセントほど電気を食っていた。

TG県

専用車両が車検から戻ってきたので、2週連続で移動をする。

今回はTG県からFS県に至ってIB県から戻ってくる「計画」は立てたのだが、なんだかんだでTG県3か所の移動でおわってしまった。

まずは、15004c桃羽田緑地公園がよさげなので、寄ってみる。駐車場手前は野球の試合に参加する人たちの車が結構止まっていたが、一番奥は誰もいない。

まさに晩秋

今回はちゃんとバッテリを持ってきたので、パネルをルーフボックスの上に置いて補充電している。

運用は8時すぎからスタート。まず7MHzを聞いてみるが、ものすごいノイズである。これは先週も聞いたやつだ。OTHだというのだが、レーダーだったら反射波を受信するだろう。ずっとキャリアが出っぱなしに聞こえる。

今回の目玉はクラウドに接続したハムログを使ったロギングである。が、PCの電源が持たない。DC-ACコンバーターを持ってこなかったので充電ができない。1時間ほどでバッテリがギブアップしてしまった。しかもクラウドとの同期がうまくいかないようだ。

結局7MHzがほとんどできず、1時間ほどで次を目指すことにした。

次に移動したのは15005c。最初はもう少し足を伸ばしてみるつもりだったのだが、比較的近くの場所にした。(次に想定していた目的地は結局運用場所が見つからなかった)

移動したのは鬼怒グリーンパーク。駐車場は4割ほど埋まっている。例によって一番奥に駐車場を求めた。

「釣り竿」そこそに目立つ

例によって釣り竿を伸ばしていると、近くを人が良く通ることがわかってきた。一様に見上げている。よーくみると隣は公園(写真と取っている側を背にして公園がある)に至る通路だったらしい。

ここでもノイズとのたたかい。7MHzは+20dBほどのノイズが聞こえてくるので、呼んでくる局はすべてS9+である。

時刻はちょうど昼を回ったところ。人通りが多いので「ラームー」するのは気が引ける。次を目指す。

最後の運用場所は1515大桶運動公園で運用する。奥のほうはJA(無線関係ではない)がイベントを行っているようだ。手前の駐車場は静かでよい。水場もある。時間も時間なのでカップ麺を作って食べる。

ケトルに映りこんでいる

実はこのあと隣の町に運用場所を探すために1時間ほど時間をつぶしてしまった。おとなしくここで運用すればよかった。

結局戻ってきてアンテナを張ることになる。

小雨もぱらついてきた

ノイズがずっと出っぱなしなので、出来高が一向にあがらない。残念である。沖縄移動以来の移動運用で、久しぶりに信号が聞こえてきた局もいたので楽しかった。

7MHzのCWバンドはずっとこんな感じだった

原因は某国らしいけど、一体いつまで続けるつもりなのだろう?

TK CW

移動運用専用車両が車検から戻ってきたので、さっそく第21回東京CWコンテストに参加した。6月から続いている外壁工事のため「車両が物置代わりになっていた」が、そろそろベランダにモノを戻している。まだディスコーンは張っていないので、自宅からはオンエアできない。そうだ。移動運用だ。

朝かなり早く出たつもりだったが、途中運用場所を探しているうちに、アレヨアレヨという間にコンテスト開始から2時間たってしまう。朝6時にコンテストを開始するは移動局にとってつらい。(ちなみに東京の日の出は5時50分)

場所は以前移動運用した某公園。バッテリで静かに運用しようとしたら、バッテリ用の電源ケーブルを忘れる。予備で持ってきた発電機を使用する。

周りいつの間にか車がたくさん止まっていた 管理されていない駐車場は発電機を使えそうだが、いろいろな意味で無法地帯である。

今回の目玉はCTESTWINのファイルをクラウド上において運用するものである。今までPCでロギングをするのは「万が一データーが飛んでしまったら困る」ということで紙にずっと記録していたのだが、ここで一気にクラウドである。ラップトップにはモバイルルーター経由で石狩にあるクラウドサーバーにデータをアップロードする。

さて、コンテストであるが7MHzからスタート。朝いちばんから出ていないのでむしろ気がらくである。じっけんがてらほかのバンドに出たり、回り込みのチェックなどを行った。

7MHzは得体のしれないノイズ。先日の沖縄運用の教訓からフィルタを変えてみたのだが、だめだったのだろうか。ちなみにFD以外は4か月運用してなかったので効果を確認するのは今回が初めてになる。(グラスファイバーを止めるためのピアノ線なんか錆が浮いていた)

7MHzのノイズは時間とともに減少したので、たぶん別の原因なのだろう。もう少し追試が必要だ。

クラウドへの接続は問題なかったが、CTESTWINに慣れていなこともあって、へたくそオペでしてしまった。キーボードの反応が遅いのにはかなりイラつかされてしまう。運用方法を改善しなければならない。反省点である。

12時コンテスト終了。さっさと撤収する。別の場所で今度はハムログを使って運用(ハムログのデータもクラウドにアップロードした。ただしキーイングは今までのキーヤーを使用する)しようと思ったが、発電機を回せるような雰囲気の公園が見つからなかった。帰宅することにした。

たくさん宿題を抱えて帰宅した。

不要物陸揚げ

車検も近いので荷物を下ろす。

あいかわらず外回りの工事が「激しい」のでベランダに荷物を出すことができない。結果部屋の中は荷物だらけだ。