2019 09008L

今年もゴールデンがやってきた。

前半は天気も悪かったし、家でじっと自鯖の設定を行っていたりしていたが、後半は出かけることになった。あらかじめ計画をしていた場所に出かける。目的は TK AM S MEコンテストの参加である。

諸事情があってMEコンテストに参加することができなくなってしまったのが残念。

渋滞を避けて早朝に出立。朝に領域確保を行う。山は例年いろいろな人が泊っているが、ことしは天気もよかったせいか、別の趣味の人もいたようだ。

まずは「領域確保」の前にUVケアである。SPF50+で武装する。

SPFが大きくなるとお肌に伸びないのよね
SPFが大きくなるとお肌に伸びないのよね
領域確保
空中線設置

風はないでいたが、アンテナはフルアップせず。

SWRチェック

SWRのチェックが終わったら発電機始動。久しぶりだったが問題なく動いた。本来ならいつものようにエンジンオイルの交換をするのだが、ここのところバッテリ運用が続いているので、交換は見送った。発電機が動いたのを確認してシャックの構築だ。

シャックの構築

今回は自鯖に入れたクラウドでファイルを動的にアップロードできることであった。しかし、問題点がいろいろ出てきた。普段から装備のメンテナンスをしていないぶっつけ本番のつけが出たカタチである。

やっかいだったのはPL2303がWindows 10で動かなかったこと。古いドライバを探してインストールしてなんとかしたが、ハード自体が終わっているので代替品を探したほうがよいかもしれない。また、肝心のネットへの接続が不安定で試行錯誤を繰り返した。

現在使っているIC551DはVOXスイッチが折れている。このためVOXを使うことができず、PTTを使いながらの運用であった。CTESTWINとの使用も実戦では初めてだったので、LIDになってしまった。(コールサインなんぞ片手打ちだぞ)

CTESTWINでコンテスト以外にちょっとメッセージが打ちたいときのことを考えて今回から、自作のキーボードキーヤーからも打てるように細工した。なんのことはないワイヤードオアである。

SO TESTの前は時間があったので、珍しくSSBに出てみたが運用は半年ぶり。ここでもタコ踊りである。でも、なんか6mのオペって昔に比べてレベルが・・・(以下自粛)

AM コンテストは本当やっていたのだろうか?むりくり1局ナンバーを交換して終了。

SO TESTはビームをSO県向けに振って万全を目指したが、目の先には雷雲。受信機からは雷ノイズが聞こえてくる。そのせいかSO県内の参加局は少なかったような気がする。こちらの運用地は幸い雨も雷もなかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA