TK CW

先般のACAGは大雨で参加どころではなかった。幸いに被害はなかったが、今年最後のコンテストということで入れ込んでいたのをくじかれてしまった。

というわけでリベンジである。

先般ハムフェアでTK都支部のブースで表彰状をもらった時、TK CWの案内ももらっていた。ちょうど10月末の日曜日に開催されるというので、山が通行止めになる前に行くことにした。

はたしてどれくらい呼ばれるのだろうか?

某ページでは当局とバッティングするのではないかと書かれていた(このためか普段閑古鳥の鳴いているこのページへのアクセスが増えたようだ)が、今回もバッティングするのではないかと思っていた。

コンテストの開始はなんと!朝の6:00からである。ということで土曜日に前泊することにした。幸い現場に到着しても某局はおろかだれ一人いない。陽が沈む前に到着すればいいやという安易な考えが裏目に出て、モロに渋滞に巻き込まれてしまったため、到着は日没になってしまった。前運用でタコ踊りもできないのはシャクなので、むりくりアンテナをくくりつけた。さっそく前祝い兼運用を開始する。

シャックの構築(一部前祝の痕跡もあり)

21時になってから2エリヤAMロールコールに参加。AM局とたくさんQSOできるかと思ったが、そうならなかった。残念。明日のコンテストに備えて23時には就寝。

夜は思ったよりも寒くなかった。快適化装備しとして持ち込んだオイルヒーターをつけて発電機を回すぜいたくな夜をすごした。蛾すらいた。

快適化装備 手前は殺虫灯

寒くはなかったが、夜小雨?がぱらつく。車のガラスをパラパラと音を立てて降ってきたので一瞬「雪か」と思った。明日まで続かなければいいのだが。この場所はネットの接続ができないため気象電探を見ることができない。朝一面雪景色だったらどうしよう。

6時コンテスト開始。「じゃかすか」呼ばれることを期待したのだが・・・それにしても6mは閑散としている。しょうがないので朝食をとったり、トイレ休憩をしたりする。

朝のカフィーも楽しんだ

アンテナをあっちに向けたり、こっちに向けたり奮闘した。TK CWはTK都以外の局同士でも得点になるので、もう少し局が出てくると期待したのだが。あまりにも呼ばれないので、11時には撤収開始。撤収後「あのカレー」を食そうかと思ったが、渋滞が怖いのでそのまま下山。いつもの食堂SSで昼食。(今回は「このカレー」を持ってこなかった)

某局はどうやって水平だしをしているのだろうか 無風だったのでステーもいいかげん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA