SSD化

愛用のHP Z620のブートディスクをSSD化してみた。

例によってアマゾンで5600円ほど出してKingstonの240GSDDを購入。送られてきたものは2.5インチ。こちらは型落ちであるが、まがりなりにもワークステーション。ディスクはマウンタをつかっている。

ということで3.5インチディスク用の変換マウンタを追加購入することになった。

最初はWindows 10付属のイメージバックアップを使って、回復ディスク(USB)を作ったりしていた。が、リストアがうまくいかない。どうするかと悩んでいたところ、私のような初心者にうってつけのEaseUS Todo Backup Freeが使えることを知って、ダウンロードしてみた。(ただし、このツールは怪しい記事もネットに上がっているので注意したほうがいいかもしれない)

今回の作業はブート用の500Gディスクを240Gのディスクにクローンするだけである。500Gと言っても、Windows10が入っているだけなので、中身は60Gほど。作業時間はおおよそ30分ほどの工数である。

クローン化をしてみたもののSDDからブートできない。ネットの知恵者の記事を参考にするとMBRフォーマットしていないととある。確かこのSDDはMBRでフォーマットしていたのだが・・・(ここまですでに2回クローン作業をやっていることに注意)

結論からいくともともとこのZ620のCドライブはGPTディスクとなっていて、ここからクローンをしているので、結果的に出来上がったSDDはMBRではなくて、GPTになっていた。

肝心の回復方法であるが、最初に作ったUSB回復ドライブを使ってブートしてシャットダウンしたら、なぜかうまくブートするようになった。(特に回復作業とかやっていません)

どうして動いているのか?動けば正義という格言がこの業界にあるけど、しばらく使ってみるつもりである。(もちろんバックアップは慎重にとっておく必要がある)

せっかくの連休こんなことやってていいのだろうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA