950登録

仕事を休んで950登録というものを行ってみた。

この近くの陸運支局へ行くのは2度目。(1度目は移動運用専用車両の住所移転)

総合案内があるかと思ったが…ない。しょうがないので2号様式だけを書いて「受付」へ。(この様式昔は一枚50円で買い求める必要があったが、今は無料である。MLITのページからもダウソできる。いまだに紙を使っているようじゃどうかと思うが。)

10分ほど待って受付から言われたのは「事前確認」が必要なので別の窓口に行ってほしい。とのこと。「ユーザー車検」を受け付ける窓口へ向かう。水曜日の午後2時ころだったが、ユーザー車検も結構混雑している。それと外国人が多いなあ。日本人だとディーラーに任せるケースが多いんだろうけど。あ、そういえば前に車検整備に出していた工場も「研修生」を雇っていたっけ。

この窓口では「手すき」のときに確認書類を作るとのことで、待っててほしいといわれる。30分ほど待っていたが、果たしていただいたのは車両重量の計算書であった。実は事前にネットで計算して持ってきたのだが、手ぶら(車検証はいるが)でもよいことが分かった。初期の計算からは主ブレーキありの場合の重量が減っているが、致命的ではない。(仮に1.6トンをけん引した場合、けん引装置のほうがもたない)

さて、この紙を持って再び受付へ。また10分ほど待つ。書類は問題なく受理される。番号札をもらって車検証ができあがるのを待つ。この時間が長くて45分ほど待つことになった。陸運局は人の動きに波があるようで、15時30分を回ると受付の待ちはほとんどなくなる。一斉に受付に書類を出すため、車検証を作るのにも集中することになる。こういう変更だけだったら最後のほうのタイミングを狙えばよいという教訓ができた。

やっと自分の番号(といってもシーケンシャルじゃないけど)を呼ばれて車検証を受領。ちなみに費用はタダ。このあと別棟(納税)に行けと言われる。

今回の950登録で税金が増えるとか印紙が必要であるというわけではないが、車検証に変更が生じた場合は届ける必要があるようで、自動車取得税・自動車税申告書(報告書)を一枚書かされる。

陸運支局に入って約2時間で終了。業者に頼むとなんだかんだで2万円くらいとるのだろうか?まあ、人件費だけを考えてもプロに依頼すればそのくらいかかるのかもしれない。

規制緩和で950登録ができるようになったわけだが、こういうのって新車登録のときにデフォルトで記載されててもいいような気がする。

ちなみに私の移動運用専用車両にはヒッチメンバーはついていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA