電波利用料

払ったった。

この利用料を原資として「取り締まり」をしている記事を見かけるが、その後どうなったのかはわからない。最近でも、北海道で捕まえたという記事を見かけるのだが、この人がどうなるのかはたぶんわからないだろう。そもそも起訴自体されているのだろうか?

さらに不明なのは「運用停止〇〇日」のアマチュア局の場合である。別に無線を飯のタネにしてないわけだから、運用停止といっても禁断症状が起きるわけでなし、たとえば無線設備に封印するとかしているのだろうか。

むしろ7010KHzから下で海外から侵入してくるアヤシイ電波の発信元にキツイ一発を打ち込んだり、アマチュアバンド内で妨害してくる局を摘発してさらし者にしたりとか「実のある」使い方をしてもらいたものである。

こんなこと書いてしまうと、明日あたりボロアパートにDEURAS-Mが押しかけてくるのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA