ハムフェア2018

参加した。

前日箱にカードを仕込む。アイコムからいただいた梅干しの箱を再利用。ちょうどカードでいっぱいになった。

カード

家を出たのは13時前。どうやって行こうか考えながら14時すぎに到着。ここですでに出遅れ。

まず最初にやったのは恒例のQSOである。もっともよい場所に移動してコールをする。

この場所はひみつだよ

続いて入場券を購入。ライフメンバー会員証が役に立つ唯一の場面だ。

購入したあと、ゲートに進む。年々簡素化されているような気がする。入場券にコールを記載して入場。

おっとここじゃない あやうく間違えるところでした
コチラでした

入場したら、はるばる運んできた「箱」を置いてくる。受付の人ちょっと驚いていたけど、そんなにすごい量じゃないんですがね。5月からのQSO分のカードを発送した。

まず向かったのはICOMのブース。IC9700は気になる。値段もそんなに高くなさそう。それに1.2Gの技適を通すようなことも言っていた。なるべく外観の設計を共通していただいて、メーカーには適正な利益を確保してもらいたいものである。(VEですな)

IC9700

ケンウッドのブースではTS-890。試聴の整理券を配るとのことだったが、時間がないので。。。ちなみに先日の東京都支部大会でケンウッドの営業の人に「近くすごいのが出るんでしょ」と聞いた時には「そんな話ありませんよ」と言われてしまった。

続いて向かったのはMICのブース。利用料で予算が潤沢なのかと勘繰ってしまう。

電波りようこちゃん

いまさらデモしてもらうような立場でもないが、デモに申し込んでタンブラをゲットした。今までは5年ごとの再免許で毎回パスワードを更新しなければいけなかったようだが、パスワードは恒久的に変更しなくてもよいようになったらしい。さすが定期的にパスワードを変更する必要がないとおっしゃっていることはある。

こちらとしてはマイナンバーカードとカードリーダーを持っているので、こちらで認証してもらったほうが、税金の使いでがよいと思うのだが。(要望してきました)

あと、アンケートには「どのコールエリアでもどの総通に対して再免許申請をしてもいいのではないか」と書いておいた。

収穫物

3年ぶりにハムフェアを訪れたが、某A省のブースがあったのはちょっと驚き。隊員に「ここに来る人はほとんど停年を超えた人ばかりなので、リクルーティングとしてはつらいですね」と声をかける。

ちなみに自衛官の定年はこちらのとおり。

階級 年齢
幹部 将、将補 60歳
1 佐 56歳
2佐、3佐 55歳
1尉、2尉、3尉 54歳
准 尉
曹長、1曹
2曹、3曹 53歳
くだんの隊員さんは「若い人を紹介していただければ」とおっしゃっていた。
いつものメンバーと立ち話。入場料を払うのはこのためなのだ。
最後に八重洲のブース。FTDX-101いいなあ。890とどのくらいコンペティティ部な値段なのだろう。それにしても八重洲HFのラインナップ多すぎ。817/818の筐体を使った1.2のオールモードポータブル出してほしい。
この手は私の手ではありません
ハムフェアを引けた後、宴会。久しぶりに港南口に出張る。
港南口

最後に電車。ちょっと寂しい。

停電で12分遅れ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA