日別アーカイブ: 2020年11月10日

08013e RS7

新潟市内を抜けてR49を会津方面へ。ホントなら喜多方ラーメンが私を待っているのだが。途中昼になったのでRS10に入る。駐車場は小型車は満車状態。トレーラーの区画に「恰好よく」止めようと後退したら「ばきっ!」と後ろで音がした。あわてて後ろを目視確認すると、トレーラーが「折れて」いる。教本どおりならヘッド車とトレーラーをまっすぐにした状態で逆ハンドルを切ってきっかけを作りトレーラーを駐車区画に押し込むべきなのだが、まっすぐになっていない状態で後退してしまったため、トレーラーが「ジャックナイフ」状態になってしまってヘッド車のバンパーとトレーラーの角が接触してしまったのだ(涙)。幸いヘッド車側のバンパーのクリップが外れて(もどした)、輜重車側のFRPが少し破れてしまっただけで済んだが、音が大きかったことともありほかの客の「好奇の目」を浴びる結果となってしまった(大涙)。

余りにも格好が悪いので、次のRS7に移動。現状を確認して食事をとることにした。

さきほどのRS10は観光客が多かったのに対してこちらは静か。物販に血眼になっている販売員と群がるような観光客がいるショッピングモール化しているところが多い中、本来道の駅ってこういう姿だと思うのだ。もともと豆腐屋がやっているということで自家製油揚げのはいったきつねうどんをいただく。店の屋号は将軍亭というので「みかわ=三河=徳川家」と勝手に思い込んでトンチンカンな会話を店員と展開する。

午後に入ってもともと運用するつもりではなかったが道の駅で運用することにした。クラスタに上げていただいたように結構呼ばれる。39局と交信した。

観光客がいなくて駐車場も余裕があった

この道の駅は「巨木の里」ということで日本一の杉の巨木があるという。徒歩3分。雨が降るなか訪れてみた。付近の家の軒先には薪が積まれていて煙突から煙があがっていてよい。木立の中にそびえる杉は樹齢1400年。あまりにも大きすぎて画角にはいらなかった。

将軍杉
杉のとなりにある平等寺のお堂

今回の移動運用はここまで、帰りの時間があるので高速を使ったがいや中型車の高いこと、高いこと。

080107

080108から日本海へ。R402に入る手前に「ランナバウト」の標識。現物を見るのは初めてだ。確か、入るほうがイールドである。結構交通量が多くて少し緊張する。

前方右手に見える逆三角マークってイールドを思い出す

R402号に入り北上。まっすぐ一本道で交通量も少ない。と思っていたらだんだん対向車が増えてきた。走りやすい気持ちの良い道である。ただ、道路が傷んでいるせいなのか凸凹があるのが難点。こちらがスピードを出すのもいけないのだ。

やがて日本海が見えてきた。冬景色を想像させるどんよりとした海岸線を走る。すると待避所を見つけたので止めて運用。予定外だがこういうのもいいだろう。海をみながら20分で25QSO。対向車が多いのが難点。夜だったらどんな感じになるのだろうか?

ひと昔前なら夜こんなところで車中泊はできなかっただろう

080108 PK10

6時に起床。雨は止んでいた。少し離れたところにキャンピング車が止まっている。キャピング車も検討の俎上に上がったのだがいくつかの理由でトレーラーにした。トイレをお借りするために外にでたら、「車中泊」な車両が10台以上止まっている。ワンボックス車がほとんどだが、あれだとかなりキツイのではないかと思う。

輜重車に戻って朝のカフィー(といってもインスタントだけどね)を沸かして、メロンパンをかじる。海に近いこともあり寒くはない。

7時すぎに移動開始。上堰潟公園へ移動する。駐車場がうまく確保できるか心配だったが、よい場所を見つけて車両を止めた。今回持ってきた発電機を動かす。この発電機は一人で積み下ろしできる限界だなあ。

この輜重車は外部から100VACを受電することができる。これにより冷蔵庫を動かしたり、内部設置してある100Vコンセントを使える。今回冷蔵庫がどのくらい冷えるか実験し忘れたのが残念。

運用は移動運用専用車両から

公園はジョギングをしている人が多数。1時間あまりで30局と交信して次を目指した。

お相手いただいた皆様ありがとうございました。