月別アーカイブ: 2020年4月

ゴールデンアップデート5

IC7000のメモリを整理した。使用したのはChirpである。もともとメモリは使わないのでほったらかしにしてあったのだが、移動先でFM系のサテライトができないだろうかと入力してみた。Tone Splitなどの使い方は実は全く調べていなかった。このトランシーバーは買って早10年以上経つはずだが、今回マニュアルを読んで設定してみた。巣ごもりの成果である。

項目状況特記事項
布マスク未着不良品回収で配布中止なのか?
給付金未着休日なので進捗なし
マスク抽選会ハズレだが、エントリは有効のようだ
毎回500万ちかくのアクセスがあったらサー
バーがたまったものではないからだろう
無線メモリSO-50,AO-91,92,PO-101の周波数を入力した

巣ごもりのせいで、タブレット端末のデーター使用量が増えない。これは自宅からWiFiでアクセスをしているためだ。もっとも低廉なプランに変更しようとしたら・・・一番安いプランだったようだ。

ゴールデンアップデート4

BYの封鎖が解除され社会活動が復活したせいだろう、一時期パタッと止んでいたSPAMメールが増えてきた。本日のアップデートである。

項目状況特記事項
布マスク未着どこをさまよっているのだろうか?
給付金未着どーなっているのだろうか?せっかく電子証明書を更新したの
だからオンラインでサクッと給付してもらいたいものだ。マイナちゃん
が泣いとるぞ。
マスク抽選会連絡なし記事によると117倍とか。。。こりゃだめだな。
よく一日でこれだけのメアドを収集できるものだ。
無線1QSO430 FM

ゴールデンアップデート3

一応平日ではあるが、ゴールデンウイークのアップデートを続ける。表をつくってみた。

項目状況特記事項
布マスク未着いったいいつ届くのか?
給付金未着手お役所で準備中
マスク抽選会エントリ完了0:30 無事にエントリした
無線1QSO 430 SSB 9年ぶりの方とQSO

ゴールデンアップデート2

ゴールデン2日目も巣ごもり。ALL JAに少しだけ参加してみる。ひさしぶりにCTESTWINを使ってまごつく。これではFT*なんて無理だと感じる。50MHzはティスコーンがベランダに上がっているのだがSWRはお世辞にもよくない。16局ほどQSOして終わった。今後のことを考えると自宅からも出られるようにしなければ。

終日巣ごもり。それにしても一日長い。

ゴールデンアップデート1

世間ではゴールデンに入ったといっているが、こちらは巣ごもりである。工作活動を続けているが、思い立って430MHz FMに出てみた。1局呼んだ後、呼ばれてQSY。ずっと前にサイパンでコンテストに参加したメンバーである。QSOの記録は2009年に一度あるのだが、よく覚えていらっしゃったと感心する。

4か月ぶりにFMの電話に出てみた。途中で喉にえへん虫が発生してしまい、尻切れになってしまった。(申し訳ありませんでした)

ちなみにまだマスクは届いていない。27日の大抽選会には応募しなければいけない。

SO TEST

さきほど、SO TESTの主催者から「延期の案内」が届いた。ここ数年参加して楽しんでいただけに残念である。役割の皆様も最後まで検討されていたに違いない。

こちらのゴールデンは巣ごもり。さて、何をしようか。とりあえずずっと前からアカウントだけ取っていたツイッターの使い方を覚えようと考えている。SNSのたぐいは今一つ好きではないが世の中はこういうブログよりもはやっているようである。

我慢

さらに文言が追加されてしまった。

  また、「外出自粛」の観点から、河川敷や公園、駐車場、キャン
 プ場、ハイキングコース、山岳など、野外へ出ての移動運用は
 お控えください。

致命的だー。

5月以降緊急事態解除となったとしてもコロ助の都合によっては再び緊急事態宣言が発出される可能性が高いと思う。あるいは解除されないことも予想される。となると、「野外で運用するアマチュア局と交信する」ことを目的としたフィールドデーコンテストは中止になってしまうのだろうか?

電子証明書の更新

ここのところコウシンできないのに更新の話が多い。

先日PCを立ち上げたら右下の「通知」に「電子証明書の有効期限が近づいてきている」とのお告げが表示された。一瞬何のことかわからなかったが、マイナンバーに紐づけられた電子証明書の期限が来ているということらしい。

ということで、役場の出張所に更新にでかけた。 失敗だったのは暗証番号を書いた紙をもってこなかったことで、一度家に取りに帰る羽目になった。 更新自体は無料で行ってくれるが、どうみてもこれ自宅からできるんじゃねと思った。

拾萬圓

いつのまにやらすべからく給付されるようになったようだ。しかし本当に切迫している人たちにすべからく配られるのかどうか疑わしい。

その使い道だが、やはりトランシーバーでも買ってみようか。ちょうど新スプリアス基準に適合したやつが欲しいころ。うーん、切迫していないな。

一方、全国緊急事態宣言が発出されてしまった。県外ナンバーの車に対する厳しい視線もあるようだ。移動局にとっては厳しい日が続く。

そんな中、衝撃的な内容がJARLから発表された。自分は例年遠征をしない限りAll JAへの参加はしていない。山の上でサルになってCWをたたいているだけなので他の人との濃厚接触やら唾が飛ぶなんてことはあり得ない。移動運用中話しかけられることはあっても、こちらから話しかけることは滅多にないのだが。

  また、「外出自粛」の観点から、屋外での移動運用は行わず、ご自宅
 での運用をお願いいたします。

  食事や食材の購入でコンビニなどに立ち寄ることで、接触の機会が増
 えます。さらに、現在の状況では、何か事故があったときに救急が出動
 できない、病院が受け入れられない可能性も考えられます。

これは厳しいなあ。。切迫している。

ご存知のとおり5月7日以降でもコロ助がいなくなるわけではない。特効薬や免疫が獲得されていなければ、感染したらある程度の確率で入院である。そして最悪ICUに入ることになる。つまりずっと3密禁止が繰り返されることが予想される。免疫の獲得は罹患しなければいけないのである意味ババ抜きである。外国の大学の予測ではこれが2022年まで続くという。

それまで移動運用自粛か?

運転免許も本も

先般「次のコウシンは運転免許」と書いたが、運転免許更新事務も無期限延期となってしまった。免許は容赦なく切れるので、「有効期間の延長」とやらを出す必要があるようだ。延長は更新ではないので、結果的に二度(もしくはそれ以上)の手間となる。

一方更新のための講習会とかない無線局再免許は郵送のみで完結する。総通が封鎖されない限り再免許されるわけだ。でも、いくら人命にかかわらないからと言って、更新時に講習会とかなければ古い知識のみでどや顔するオーエム諸兄が増えるのも無理はないだろう。法令集が局の備付書類でなくなったのは致命的だと思う。(あの瞬間アマチュア無線がCBになったと確信した)

話は変わるが、自粛要請に伴って公園とかも閉鎖されているケースが多い。移動局にとってつらい状況である。図書館も閉鎖されていてネットで予約した資料の貸し出しだけになっていたのだが、緊急事態宣言が発出されたら、予約資料を借りることすらできなくなってしまった。

街にでられなくなっているので本屋にもいけない。こんなときはアマゾンであるが、先日購入した本はまだ発送すらされていない。(アマゾンでひとたび本を購入すると、関連する本とかの広告が激しいのであまり利用したくはないのだが・・・)

工作活動のために調達すべき部品も秋月の通販は生きているようだが、やはり注文が殺到しているのか、遅延するようだ。

いよいよ八方ふさがりである。