月別アーカイブ: 2019年10月

SETI@home

自分のPCがどれほどの実力を持っているのか、CPUを全部使い切ってみたいなどという要求を満たすプロジェクトにSETI@homeがある。現在主力のマシンは2014年製の「お古」ではあるが、一応コアは8つあったり、CPUも2個搭載していたりする。(ちなみにこのスペックではイーサリアムには非力すぎてマイニングに参加できない)

ずっと前にSETI@homeをやっていて、でもそのころのアカウントなんてとっくに忘れてしまっているのだが、ふと思い立ってダウンロードしてみた。メインのマシンにあんまり得体のしれないソフトを入れるのはどうかと思ったが、つい出来心で。

私がやっていたころ=それは20年近く前であるが、そのころに比べてクライアントもBOINCに代わっている。要するにSETIだけでCPUパワーを使うのはもったいないので、全世界にちらばる奇特な連中のCPUをいろいろなプロジェクト使ってやろうという野心的なプログラムである。

そーいえばdistributed.netなんてのもあったっけ。

ちなみにSETIについては25年近くやっているが、あまり実績はあがらなかったらしい。

で、肝心のクライアントを入れてみる。適当なメアドを入力する。チーム名は・・・昔やっていた大学のクラブ局のチームあるかなあ?と思ってさがしてみたら、まだあったた。ちなみにメンバーは10名ほどに減っていた。(ちなみにfounderは某局である)

クライアントを立ち上げてどの程度CPUを酷使してみるのか見た。最初はあまり動いていないように見えたが、そのうち

おぉ!全部100パア

LoTW

先般の1341市と1231市の運用をアップロードした。各データについては市郡番号やグリッドロケーターを入力しているのだが・・・

実はほとんどQSOがCFMされていない。LoTWはそもそもDXCCな人向けのためだろうか国内QSOが主のOM方には見向きもされていないように思える。

CB TESTの電子ログを提出。規約読むと形式が書いていないんだよなー JARL形式R1.0にて提出。

あと、FDとACAGのコンテスト開催時期についても「思いのたけ」を提出した。

CB TEST

先週台風のため移動できなかったので、今週こそはと移動することにした。CB TESTへの参加である。

家を出てCB県内の運用地をさまよった。公園にある無料の駐車場はどこも車で混雑している。この地域も先般のT201919で被害が出ていたし、その前のT201915もひどかったと聞く。災害でボランティアが活動している脇で運用するのもどうかと思っていたが、幸い運用した場所周辺は被害らしきものは見られなかった。

運用場所は1231市の松山下公園。ここは過去に一度運用している。立派な体育館もあるので、目立つ運用は避けたい。ということでモビホ。これでどこまでコンテストの「にぎわし」をできるのだろうか。楽しみである。

運用風景

運用場所を探した結果、コンテストスタートは12:50から。すでに1時間あまり経過している。非力な50W局でもある。このコンテストの電信部門は7MHzしかない。どー考えても大規模な固定局にかなわないだろう。 もとより入賞は無理だ。 「にぎわし」だと割り切ってしまえばのんびりコンテストに参加できるのだ。

HM6

例によってバッテリ(EB-65)使用。これで6時間コンテスト(実際には5時間)でどこまで持つかも興味のあるところ。バッテリのスペックからみると65Ah取り出せる。IC7000Mの消費電力は平均すると100Whくらいの電力消費なので、6時間ほどなら持ちそうなところだが・・・はたして16:30ころにはバッテリがへたってしまった。補機を持ってくればよかったと後悔。

のんびりやるつもりなのだが、非力であることもあって、自分がCQを出している上にかぶさってCQを出してくる局が何局かあった。パワー負けである。

結局運用は17時に終了した。

あじま先生

昔QSLに絵柄を使わせていただいたことがある。あの頃は著作権なんて考え方なかった。スミマセンでした。

そのあと、しばらくお名前を聞かなかったが、本屋で見かけた「失踪日記」は速攻で買ったっけ。

ご冥福をお祈りします。(涙)

移動運用専用車両から

荷物を下ろした。

今回は全く手も足もでなかった。

避難勧告やらでていたが、幸いにも当地に出水はなかった。水浸しになってしまったら、車両はおろか積み込んだ荷物=無線機等にも被害が生じかねなかったので、一晩中心配だった。車両がやられると 移動局のそのものが終わりということになっただろう。

今回も台風の目が通過したようだ。物理的な被害は全くなかった。

みなさまご無事でしょうか。

警戒レベル3発出!

避難所が開設されたと防災放送が叫んでいる。持つかボロアパート。

移動局なのでコンロとか水タンクとか非常食もあるのでいざというときに安心だ。近くのスーパーは今日は終日閉店で、昨日行ったら買いだめだろうか、食品がほとんどのこっていなかった。

テレビはやたらごてごてと防災情報を流し続けているが、こういうときこそ余計な文字情報なんて載せずに、静かに視聴したいものではないか?よく地震があるとはるかはなれたところの震度2とかを延々とテロップ流してくれるが、やめろとまではいわないが表示させないことを選択する権利くらい欲しいものだとつくづく思う。

さて、T201919であるが、いまさらに気が付いた。

コンロとか水タンクとか食料はすべて移動運用専用車両に積み込んでいた

雨のなか取りだすのもなあ。。。出水したら、車両も水びたしである。

皆様のご無事をお祈りします。

カード整理

やっと昨月末に届いたカードの整理が終わった。

15年前7MHzでQSOしたカードが届いていた。15年前といっても2000年代なんだよなあ(シミジミ)

一番最新の到着カードは次の通り

HPI 5/4 QSO分

BVO 6/9 QSO分