有床

第61回フィールドデーコンテストで優勝した。

(たしかに2位に大差をつけている)

ME県支部大会

昨日ご報告のとおり、ME県の支部大会に出張ってきた。

そこそこに長く無線をやっているが、ME県支部大会に参加したのは初めてだと思う。

このためにわざわざ前泊をする。といっても単に症状をもらうだけではなく、転送カードを出すなど準備をしてきた。

転送予定だったカード(年末に大塚に持っていこうかなあ)

後でわかったのだが、ME県支部では支部大会でカードの受付をしていないとのこと。目論見が外れたわけだ。

会場は2101市のサン・ワーク津。近くにハローワークもあるようで、ちょっとまぎらわしい。駐車場はそこそこにあるようだが、ほかに交通機関がないので満車になっていたようだ。以前より減ったとは言え、アンテナをたくさんつけた車が並んでいるのは今となってはディープである。

サン・ワーク津

三重県支部から届いたハガキによると9時45分に集合とあった。受付は45分ぎりぎり。受付でどこに行けば聞いら会議室らしい。行ってみるとそれらしき集団はいない。とりあえず会場の椅子に座って支部大会が始まるのを待つ。

10:00支部大会スタート。来賓の挨拶など。代表社員制度になったので、支部大会といっても総会のような意思決定はない。報告の中で気になったのは、会員増加キャンペーンをやっているが、それ以上のスピードで会員が減っているとのこと。新たに入会した会員の歩留まりが悪いのか、会費前納会員が自然減しているのかはわからなかった。

来賓と幹部のみなさん

ただ、会員一人当たりの支部費が110円とのことなので、会員減が支部費減につながっているのは事実。会費(QSL転送費を引くと純粋な会費は年間3600円だが、私のようなライフメンバーはこの費用を払っていないことになる)の費用対効果があるかどうか、それが会員減につながっているのだったらまずいだろう。

支部大会のあいさつの中で2019年の東海ハムの祭典が名古屋市公会堂で行われるという報告があった。それはそれでうれしいのだが、駐車場はもう有料だろうし、過去を知るものとしてあの熱気は戻ってこないような気がする。それにこれACAGにぶつからないだろうか

全市全郡コンテスト
規約
10月の第2月曜日の前々日の21時~前日の21時まで(2018年は10月6~7日) 3.5MHz帯以上

支部大会がおわったあとは表彰式。コンテストでおなじみの方と少しではあるが話ができたのはうれしかった。

クラブ展示はこじんまりとしていたが、短い時間でお話をできた方がいてよかった。あるOMさんは最近アクティブでないようなお話をされていた(2015年まではQSOの記録がある)。ぜひまた信号を聞きたいものである。

10時から支部大会が始まったが、物販は11時から。ちょっと覗いてみたが、なかなかすごい人である。

物販に群がる人

さて、こちらは時間切れである。本来ならME県での移動運用をすべきであるが、急ぎで帰る。途中いつも立ち寄る店に行ったところ、なんともぬけの殻である。あとでネットで調べたら2017年3月で廃業したという。そのあと別の事業者が引き継いだようだが、結局だめだった様子。

オートレストラン長島の残骸

今までWK県やME県に移動をしたときには必ずと言って寄り、食事と入浴を楽しんだのだが。。本当に残念である。やはり人材の確保が難しいのだろうか。その代わり物販に血眼な道の疫が増えているのが気になる。このような店がなくなるのは本当に悲しい。

代わりの店を探すために23号を名古屋方面へ。飛び込んだ店は、草野球のチームの打ち上げだろうか居酒屋状態だった。でも、店内の人数と駐車場の車の数がほとんどイコールだったような気がする。

一休

食事のあと伊勢湾岸、新東名を走って帰ったのであるが、13時40分すぎから事故をされた方がいて大渋滞。帰宅したのは20時をまわっていた。

 

 

第41回オール三重33コンテスト

の症状をもらってきた。

症状

支部大会ではよくお相手いただく方と少しだけどお話できてよかった。

#帰り事故渋滞に巻き込まれて今帰宅したところ・・・支部大会などは後日書きます。

今は

ひさしぶりの訓練を終えて2102市某所

実機の間隔があいてしまったので、その間2回FTDで訓練を行った。そのうち一回はNAのシナリオでやったが、やはり実物の臨場感には全くかなわない。

 

TK UHF

ボロアパートにやっと青空が戻ってきた。

ということで、ベランダにディッシュを引っ張り出してみた。目指すはTK UHFである。

こちらの装備が悪いのか、人が出ていないのかわからないが(たぶん前者)全く振るわなかった。まあ、いい気分転換と思おう。

1334

1334市といえば、秋月だ。駐車場があるので、ただでさえ足が遠のいているアキバがさらに遠くなる。ホント最近アキバに行っていない。

さて、運用場所は以前に訪れたことがある場所。ほかのサイトを検索してもやはりここになるのだろうか。

今日はLW+ATUではなくHM6を使ってみた。無線機のレイアウトを変更して以来初めての運用になる。SWRが落ちなかったが、こちらの単純なミスだったらしい。

うれしいことに某国からの妨害電波がほとんど聞こえない。もしかしたらこちらのアンテナがしょぼすぎるのかもしれないけど。

運用風景 周りに人がいないのがウレシイ

アンテナがアンテナだけに空振りが続く。やがてクラスタに上がったようで、ぽつぽつと呼ばれ始めた。今回の運用は完全にクラウドに接続されたPCでロギングしている。このため、相手のQRAがすぐにわかるので助かる。

呼ばれだしてからしばらくしたら、ご近所さんが近づいてきた。こちらはキーボードでキーイングしているので何もしていないように見えたのか、話しかけけてくる。ちょっと困った。「呼ばれているので」ご遠慮していただく。(すみませんでした)

1時間ほど運用。来週のために給油して帰宅。帰宅してからもちゃんとログはクラウドに上がっている。メインのマシンからスグにQSLを印刷。来週に備える(謎)。

課題としてはパソコンが1時間半しか電池が持たないことだろうか。同じ時間でポケットルーターは10パーセントほど電気を食っていた。

電波利用料

ペイジーで支払い 自宅からできるのはありがたい

hamlife.jpを見ると定期的にトラックの方を検挙しているようだが、1アマチュアとしてはもうおなか一杯(トラック=悪の構図?)。ほかにできることはないのだろうか?

たとえばコンテスト中執拗に妨害してくる局、おそらく合法アマチュアを挙げるとかできないだろうか?

たとえば7MHzの下のほうで執拗な妨害電波を送ってくる某国とか?

たとえば放送局真っ青の局とか?

やっと

ディスコーンが復活した。

50MHzのSWRは悪い。144MHzと430Mhzはそこそこによい。1280MHzは不明。である。

早速ウォッチしてみたが、430MHzのFMバンドはトラック系のかたがたくさんでていた。土曜日に出てくるのは景気がよい証拠か?(景気がよいというより、仕事があるという意味)

先日ラップトップのHDDもSSDに換装したので、ソフト・ドライバのインストールをする。

IC910DのCWコネクタがうまく刺さらない。もともといい話は聞いていない。こんなところでVEしたってしょうがないのに。後継機種ではこんなことないようにお願いしたい。