wine 32ビット

やっぱり動かない。ビルドはできたようなのだが、動かないのだ。

試しにパッケージで入れたらスンナリと64ビット版が入った(やーパッケージってすごいですねえ)が、32ビットのアプリが動かない。

この業界?「動けば正義」というところがあるので、ネット上で動いている報告でもたまたまというようなところも多い感じがする。以前だと雑誌である程度まとまった記事とかがあったのだが、今の時代雑誌では追いかけるスピードが合わない。

そして今回しみじみ感じたのは、OSのバージョンとかでツールがどんどんと変わっていること。

結局owncloudも動かないし、以前より機能はダウンしてしまった。

鯖コウシン中

ただいまwine32ビットのビルド中。鯖は激重である。

gnomeの画面

最初

「wine32ビットってMT4を動かすくらいしかないんじゃないの?」(MT4はもう本家からバイナリ落とせないみたいだし)

と思っていたがそうでもないらしい。ネットを徘徊していると中にはLTSPICEを動かそうという気合の入った方もいらっしゃる。こちらはCALSAT32が出先のアンドロイド端末で見れればそれでヨシである。ということで昨夜は自力でmakeをしていたのであるが、今朝見たら失敗。スクリプトがあるようなので、それを使ったビルドしている最中。2CPUパンパンに使っているがビルドに数時間かかっている模様。(石狩の鯖は意外と遅い?)

OSの更新から始まって久しぶりに大規模にいじっているが、世の中いろいろと進んでいることがわかった。

今頃みんなコンテスト楽しんでいるんだろうなあ。。。。

おっと、QSLのURL https://idoukyoku.netに変えておかなければ。