T1812號

鹿児島の南でたらふく栄養を補給して再び北上。そのまま木曽谷に向かって・・・じゃなさそうだ。

新規移転につきまして

あらら、今まではかろうじて通勤経路上にあったのに。。。

昔アイコムやらスタンダードやらも通学経路上にあって、試験期間中は早く学校が終わるので行ったっけ。そのあと、どちらも市の中心から少し離れた場所に営業所が(ただしバースタは近くなったけど恩恵はほどんどない)移ってしまった。

宅配便が便利になってきているので、無理して都心に事務所を構える時代じゃない。いや、まだ事務所があるだけでもありがたいと思わなくては。

それにしても木場かぁー。ショールームの営業時間からみても寄れないなあ。

カード整理

今回は

HPI 20枚 (ほか、東京UHFの参加証)

BVO 116枚だった(ほか、1枚ログなし)

だった。

カードは最近スキャンをかけてFenrirFSで整理しようとしている。(現在進行形なのは過去のカードを処理しているため)

アンテナ撤去

ボロアパートの外周工事のため、「ベランダからものを撤去」するよう通達が来た。ベランダに設置したディスコーンと留置されている「轟天号」ほかをとりあえず部屋の中に退避。

現在、移動運用の装備が6&Downのために車に積み込まれているのだが、それでも部屋が狭苦しくなってしまった。FDが終わっても車両から荷物を下ろせないなあ。

アパートの周辺には足場が組まれており、さらには塗装が飛散しないようにだろうか、カバーがかけられている。台風が接近するようだけど大丈夫なのだろうか。

ちなみにディスコーンはいわゆるアンテナ用の腕木ではなく、昔購入したタイヤラックに組付けられている。風が吹くと倒れる(このため「ディスク」を構成している水平のエレメントはぐにゃぐにゃになっている)ので、重石を乗せて動かないようにしていたが、これも部屋のなかに退避させた。

予定では工事が終わるまであと1月以上かかるようだ。アツい夏休みになってしまう。

カード到着

月末ぎりぎりだったのが、いつの間にか1週間前に届くようになった。ビューローでの処理が順調なのか、そもそもカードの転送枚数が減っているのか。

転送枚数減少?の証拠にこちらのカードは夏枯れ。回復すべく一挙に発送予定。

夏枯れといえば、ボロアパートの外周工事がいよいよ始まった。このクソ暑いのに発注する方は頭がおかしいのではないかと思ってしまう。土曜日も工事するらしく、こちらはカーテンを閉め切って外の足場を歩く音を聞かなくてはいけない。(職人さんは悪くありません)

ベランダに置いてあるディスコーンもどかさなきゃいけない。

梅干し

最近郵便局の配達員さんはこちらが21時ころに在宅していることを知ったらしく、この時間に狙ってくる。こちらは最近の猛暑でほとんど「裸族」状態だ。

本日はアイコムからの贈り物

ゆうパックにて

中身は梅干し。株主優待のギフトである。前回つなぎ売りしたようで、商品クーポンの該当ではなかった。

これで1年は持つ

来年以降は工場見学会も企画してほしい。

フィルタ購入

先日の沖縄移動では現地でレンタルした発々からのノイズに大いになやまされた。そこで今までつかっていたフィルタを交換することにした。

今回購入したのはTDKラムダのRSHN-2010である。

RSHN-2010 250V 10A

なんのことはないデンセイラムダの後継機種である。特性は次の通り、一応30MHzまで対応しているという。(30MHzまでのデータしかないけど)

コモンモードノイズの特性が改良されているが、10MHzのディファレンシャルは今までのフィルタのほうがよさげ

いっぽう、いままで使っていたのはデンセイラムダのMA1216DINである。

こちらはアメ横のボントンのジャンクからあさってきたものである。

MA1216DIN 250V16A

どちらもなぜか回路図は書いてある

MA1216DIN 青色はコモンモードの減衰量 赤はディファレンシャルモード

コモンモードで3.5MHzや7MHzの減衰量は50dBほどあるので「だいじょーぶ」と思っていたし、今までの発電機では明らかに効果があった(かつ14MHzから上はそもそもノイズが出ない子だったらしい)。今回沖縄に連れて行って失敗した次第。

実際に組み込んだが、今の発々(SF-1000)ではあまり差を感じないかもしれない。効果がわかるのは次回の沖縄行きであろう。(いつでしょうか?)沖縄の発電機のノイズがコモンモードが支配的なのかどうかも不明。

 

 

replacement

パーマリンクに漢字が使えないのでタイトルは英語。

アマゾンでLED蛍光灯(って表現がおかしい)を購入。今回購入したのは20型直管とデスク用のFPL27タイプ。

以前30形丸灯を交換したところ、ノイズの塊がIC-910を襲った(というか今も解決していない)ので、購入する際にCISPR15を満たしている製品を選んだ。そのため、だいたい倍以上の値段になった。

太陽光発電設備のパワコンもLED照明もアマチュアに世知辛い世の中になったものだと思う。

16日未明に注文して本日到着。早速換装した。デスク用のFPL27はインバータータイプだったようなので、内臓をくりぬいて装着。20型は工事不要(グロー、ラピッド、インバーター全部対応品)のようだが、一応グロー管を抜いて装着した。

全部問題なく点灯した。明るい!

以前かった30型の丸型のうち一つははんだ付け不良なのか、どんどんとLEDがお亡くなりになっている。いろいろと問題があるようだ。30型の丸灯はCISPRについての言及は今もないようだ。こんなものが世間様にばらまかれるのは犯罪ではなかろか。

今回購入したLED照明についてはノイズは発生していない様子。

permalink

はアルファベッドで書くとパーマリンクがうまく設定できるようす。

#この記事にコメントしたいときはタイトルのpermalinkをクリックして出てきたフォームでコメントしてください。なお文字認証が必要です。メアドは投稿にはでてきません。

解決方法はあるようだがちょっと複雑そう。

当面タイトルはアルファベットにせざるを得ない(入省とかどうしよう)

まだまだ苦労しそうだ。