コンテスト」カテゴリーアーカイブ

恣意休止

久しぶりにCQ HamRadio 4,6,7月号を借りてくる。7月号は某OM局のお言葉を引用された記事を拝見した。やはり0エリヤでトップを保つのは大変ということだろうか。

PHのコンテストにも出てみたいのだが、どうもづくなしなのでやはりCWのみの参加になってしまう。

乳小

第29回静岡コンテストに入賞したという案内がメールで届く。

ことしから症状は電子データーになるとのこと。費用面から致し方ない。また、コンテストを主催していただける方々の手間も負担になりつつあると聞く。時代の流れである。

紙の賞状がなければ、別に賞の条件として某連盟の会員である必要性もない。QSL(交信した証明)の転送(フリラーの方はカードそのものにも固執されていないように見受けられる)もLoTWなどで代用できるとなると。。

6D

どっかのサイトの受け売りではないが、今年も6D季節がやってきた。ここ数年は天気が悪くて参加を断念することが多かった。だが、今年は違う。実に3年ぶりの参加である。

例によって専用車両に荷物を積み込んだ。今年はX7000のために全長1.8mの釣り竿ケースを奮発した。だが、年々記憶力がどんどん低下することもあって忘れ物が多くなってしまった。今年痛かったのは「水タンク」を忘れたことである。おかげで朝のカフィーがなくなってしまった。

朝近くのイオンが開店すると同時に物資を調達。できたての山賊焼きがおいしそうだったなぁ。山に入った。いつものご近所さんがいるべき場所には車が2台止まっていた。いつものご近所さんの車ではない。通常止まって挨拶をするのだが、今回はパス。さらに上に向かった。

予定していた運用場所に行くと、これまた先客がいた。ちょっと困ったなーと思って挨拶をしたら、フリラーの方であった。聞くと351MHz帯と27MHz帯を運用しているという。27MHz帯のほうは、あの技適マシンである。また、デジ簡でも300kmくらい飛ぶという。個人的にはCWモードがないので手も足もでないのだが、レギュレーションが同一なので妙味があると感じた。

やはり3年ブランクがあると状況が変わるもんだなあ

一方こちらは設営である。アンテナをたくさん乗せるとやはりフルアップは無理。づくなしである。とひとりごちていたら、見慣れたワンボックスが上がってきた。いつものご近所さんである。聞くところによると、場所が例のフリラーの方が先客でいたのでこちらに来たとのこと。しばらく話をしていたが、虫が大量に発生してきたことと、例の場所でなんとかできなかということでまた下に降りて行かれた。

さて、こちらは例によって前祝である。やがて雨がぱらついてきて虫もどこかへ消えていった。今回は調達の不手際もあって燃料の心配がある。周りが暗くなってきても発電機をまわさずにじっとがまんである。

前祝の図

21時コンテスト開始。今回からCTESTWINを本格的に使う。ひたすらCQを出す。2時になって眠くなってきたので仮眠をする。ちょっと失敗して3時間も寝てしまった。寒かった。いつも寒いのだが、このあたり学習効果が無い。

朝はカフィーなし。今回の秘密兵器は赤飯カレーではなく、防災非常食の山菜おこわとパンの缶詰である。朝運用をしていたら、結構しつこい妨害局が出てきた。特に信号は強くないのだが、執拗に妨害をしてくる。無線家の平均年齢は60歳を超えていると思うのだが、この歳になってどういう了見なのだろうか、ある意味心配になってしまった。(もちろん、若い人の可能性もないことはないだろうけど)

山菜おこわと虫よけ(サラサラタイプ)
パンの缶詰ほか

15時コンテスト終了。13時の時点でビームアンテナをおろして、直前にポールをフルアップにした。撤収して、いつものご近所さんに挨拶をして山を下りる。ちょっと早めの夕食はいきつけの食堂SSである。帰宅したのは22時をまわっていた。

常夏の島 運用編

某シャックに到着して荷物をほどくとすぐに運用を開始した。コールサインは20年ほど前に取ったバニティー制度が始まる前に取得した2X1のコールを使用。まともに運用するのはこれが初めてであった。

7MHzと14MHzを運用。コンテストに使う機材のチェックを兼ねてである。この日はすぐに就寝した。

GUAMの時差は1時間。したがって、AACWは現地時間の10時からスタート。ちなみに運用風景の写真は・・・ほとんどとり忘れている。まさにサルの状態であった。

さいきんはRBNで情報が流れる。私の打つスピードは30-31WPM。まあ、こんなものだと思っていたが、「早すぎる」という声もあった。

土曜日の夕方には20mで結構呼ばれた。でも、JAとUゾーンばっかりだったような気がしないでもない。夜はビフテキ。

日曜日は昼まで。

不要物件陸揚

移動運用専用車両のルーフキャリアに長い間ずっと入っていたものを引き上げた。

  • 同軸ケーブル      ずっと昔から入っていた
  • X7000        昨年のコンテストからずっと入っていた
  • ホイップ5本     (こんなにあったとは・・)
  • その他ごみ     (なんでこんなものが)
  • グラスファイバポール 
  • ヘッドフォン     耳パッドが破れてきたので補修のため