大山鳴動・・・

本日時間を見つけてJC〇Mに電話を入れてみた。いきなり解約ではなく、最初は「IP電話を解約したらいくら安くなるか」という問いからである。電話は込み合っているようで、いったんつながったが担当者がつかまらず折り返しだそうだ。

やっと担当者から電話があった。さきほどの質問をぶつけてみると意外にも「(固定電話のみ解約すると)パック料金でなくなのでかえって高くなる」という話である。こちらとしては先日回線速度を測ったところ〇CNとの差が歴然としていたので、ネットだけでも残そうと思っていたところだったのに出鼻をくじかれてしまう。

しばらくやりとりをしているとなんと「お客様のボロアパートでは昨年の5月から料金プランが変更になっており……」「アパートのオーナーさんの意向で料金が割安に」さらには「今までのプランよりも高速で(なんと320Mだという、家のLANより早いわ)、かつ料金が1000円安くなる」というではないか。

「それを早く言ってよぉ~」というのは常套句であるが、どうやら昨年案内のDMを出したらしい。だいたいこういうたぐいの手紙はロクな内容がないので普段は右からゴミ箱へ直行しているのだが、不覚だった。もっともこれ(現在120Mで実測45M)以上早くなってもなあ。

ということで契約はこのままということで、大騒ぎした割には元の鞘に収まってしまった。さあ、どうするHT-801+プラステル。そうこうしているうちにまたSIP Invite攻撃が始まってしまった。(ポートを変更して対処)

余談であるが、現在外壁工事をしているボロアパートは工事も佳境に入り、塗装が始まった。窓がビニールで覆われてしまい、開けることができない。まるで温室にいる状況。

950登録

仕事を休んで950登録というものを行ってみた。

この近くの陸運支局へ行くのは2度目。(1度目は移動運用専用車両の住所移転)

総合案内があるかと思ったが…ない。しょうがないので2号様式だけを書いて「受付」へ。(この様式昔は一枚50円で買い求める必要があったが、今は無料である。MLITのページからもダウソできる。いまだに紙を使っているようじゃどうかと思うが。)

10分ほど待って受付から言われたのは「事前確認」が必要なので別の窓口に行ってほしい。とのこと。「ユーザー車検」を受け付ける窓口へ向かう。水曜日の午後2時ころだったが、ユーザー車検も結構混雑している。それと外国人が多いなあ。日本人だとディーラーに任せるケースが多いんだろうけど。あ、そういえば前に車検整備に出していた工場も「研修生」を雇っていたっけ。

この窓口では「手すき」のときに確認書類を作るとのことで、待っててほしいといわれる。30分ほど待っていたが、果たしていただいたのは車両重量の計算書であった。実は事前にネットで計算して持ってきたのだが、手ぶら(車検証はいるが)でもよいことが分かった。初期の計算からは主ブレーキありの場合の重量が減っているが、致命的ではない。(仮に1.6トンをけん引した場合、けん引装置のほうがもたない)

さて、この紙を持って再び受付へ。また10分ほど待つ。書類は問題なく受理される。番号札をもらって車検証ができあがるのを待つ。この時間が長くて45分ほど待つことになった。陸運局は人の動きに波があるようで、15時30分を回ると受付の待ちはほとんどなくなる。一斉に受付に書類を出すため、車検証を作るのにも集中することになる。こういう変更だけだったら最後のほうのタイミングを狙えばよいという教訓ができた。

やっと自分の番号(といってもシーケンシャルじゃないけど)を呼ばれて車検証を受領。ちなみに費用はタダ。このあと別棟(納税)に行けと言われる。

今回の950登録で税金が増えるとか印紙が必要であるというわけではないが、車検証に変更が生じた場合は届ける必要があるようで、自動車取得税・自動車税申告書(報告書)を一枚書かされる。

陸運支局に入って約2時間で終了。業者に頼むとなんだかんだで2万円くらいとるのだろうか?まあ、人件費だけを考えてもプロに依頼すればそのくらいかかるのかもしれない。

規制緩和で950登録ができるようになったわけだが、こういうのって新車登録のときにデフォルトで記載されててもいいような気がする。

ちなみに私の移動運用専用車両にはヒッチメンバーはついていない。

商状

第28回静岡コンテストの賞状を受領した。

前のGIMPのモザイクのほうがいいなあ

chromeなら

www.idoukyoku.netもちゃんと変換できるようす。きっとものすごい初歩的なところでドツボにはまっているのだろう。

ちなみにIEではでかでかと

このサイトは安全ではありません
とでてくる (まあ、役にたたんことは事実だが)

発々

お叱りを受けるかもしれないが、やはり室内で炊くのはどうかと。

ご近所への音の配慮があったのかしれないが、こうなるといろいろと行政からの指導やら規制が来る。(最近ではプロパンボンベは個人に対しては充填してくれなくなっているようです)

最低限説明書を読んでもらいたかったところ。

石狩

以前にも書いたように、このサーバーは8エリヤにある石狩データセンターにある。先日の地震で電源が脱落したため、全道が停電してしまったが、このサイトはバックアップ電源で動作しているという。一部のサーバーには障害があったようだが、私のサーバーは無事である。また、記事では「燃料も確保」ということである。(燃料確保については別途メールが送られてきた)

うーん、このサイトの内容に比べて贅沢すぎる運用だなあ。

T1821號

今コチラもすごい風が吹いてる。外壁工事のためベランダにモノが置いていないで安心である。足場による風切音が異様に聞こえてくる。

タワーをお持ちの方はさぞかし心配だと思う。まずは人命第一、被害がないことをお祈りしています。

今回RJBBはかなりの被害を受けている様子。METARをみると99ノットの突風が報告されている。また、洪水(高潮だと思う)で空港が閉鎖されてたようだ。

2対48

ポケットルーターで今の通信回線の置き換えできないか実験中。

GIMP2.10(約170MB)のダウンロードは途中であきらめた。

そこで速度を測ってみると、

OCN one 2Mbps (ひどいときは0.2M)

今回は1.3M

に対してJCOMは48Mbps

45M

とりあえず2対48だなあ。もうちょっと比較していくが、いまのままだとJCOMは生き残りそう。

結果はまとめて近日報告

症状

第40回東京コンテストの賞状が届く。

GIMPを2.10にしたらえらいインタフェイスが変わってもうた

コンテストが5月にあって8月には発表。症状は9月1日に届いた。