迎撃移動!そして撃沈

朝目覚ましを3時30分にセットした。しかし起きたのはなぜか4時30分。何かを暗示している。

5時におでかけをする。やはり海岸沿いがいいだろう。さらに欲を出して、ビックなところがよいだろうと1202市をめざす。もちろん下道だ。

到着したのは日がのぼった8時。さっそくグラスファイバポールを伸ばして設営をする。今回はA35Wの迎撃移動である。

「いぬぼう」近く こちらは2年ほどまえにバイクで訪れた

 

すぐにワッチを開始する。しかし聞こえない。某著名ペディショナーと頻繁に情報交換を行いながら、BA-1578のサーヴィスも始める。国内もコンディションがぱっとしない。9:30になってやっとぽつぽつ呼ばれるような始末。

ほかにもTU5MHが聞こえているので呼んでみるが、かすりもしなかった。ホントにしょぼい「移動局」である

これではダメなのだろうか・・・orz

11時30分くらいまで粘って次を目指した。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

1502 & 1603

寝坊して昼前におでかけする。今回は持ち物を念入りにチェックした。

到着したのは1502市。渡良瀬運動公園である。渡良瀬川の河川敷に設けられた運動公園でサッカーや野球ができるようだが、今日はなぜか人がいない。

土手からのショット

公園であるから、トイレは完備されている。土手にあるトイレを使わせてもらったが、凍結防止対策なのか水洗が止まっている。河川敷側には簡易トイレも設置されている。

7MHzで運用。あまり呼ばれない。まあ、ビックでもないし、RSでもないし何もインデックスがつかないところだからしょうがないか。

途中何局かに「HNY」を打ってもらった。(ちょっと遅れましたが本年もよろしくおねがいします)

そんな感じでクラスタを眺めていたら、記念局が10.125MHzで出ていると某局がポスト。少し時間をおいて行ってみたが、何も聞こえなかった。

運用は1時間ほどで切り上げて、今日の「工作」。先日某中古本舗で売りに出されていた、REVEX/リーベックス アンテナ盗難防止器SL30をV/UHF側の基台に取り付けてみた。

デットストック品らしい 某通販サイトより500円で購入(まだ在庫はあるようだ)写真は化粧ナットとレンチ

かなり昔のことになるが、一度モービルアンテナの盗難にあっている。もっとも今の時代アンテナに興味のある人間はいないだろうから、もし盗られたとしても単なるいたずらだろう。

説明書には「特殊工具」とあるが何のことはないただの六角レンチである。デットストック品だったらしく、レンチがさびている。

基台の化粧ナットをはずして取り付ける。アンテナを取り付けてから、六角レンチで締める。

基台にセーフティーロックを取り付けた。

アンテナを取り付けた後、六角レンチでアンテナを締め付ける。効果はいかほどだろうか。

アンテナをとりつけた

このアンテナは「ロック」されているので、立体駐車場に入るときに困る。写真にある、基台を固定するネジを回して必要に応じてアンテナを倒すようにする。

ケーブルがぎりぎりなので、あるていたるませて作業終了。

 

16時30分に作業が終わって、「まだお腹がいっぱいになっていない自分に気が付く」1502はビックに入っていないが、近くの1603市はビック(BA-1662)らしい。ということで夕方移動する。

南公園駐車場

移動先は桐生市南公園。車輌奥の看板には「駐車場の利用時間は17:00まで」とある。到着したのは16:45。公園自体は管理事務所があるので、「閉じ込められるか」尋ねてみるが、事務所には人がいない。

駐車場自体はゲートがなさそうだし、他にも数台止まっている車があるので、びくびくしながら運用を開始する。

最初7MHzからスタートしたが、だれも呼んでこない。3.5MHzに周波数を変える。HF80FXでは相当飛ばないらしく、信号も弱い。クラスタに上げてもらったが、呼ぶ方も私の信号が弱いらしく、こちらのスタンバイや指定を無視して来る局が多数いた。

また、私も久しぶりのパイルでバンド内タコ踊りをしてしまった。

17:30。あたりは真っ暗。駐車場もがらがらになってきたので、そそくさと撤収。帰宅した。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

NYPステッカー

が到着した。もちろん締切(31日)前の到着である。

作業は18日または19日だろうか。

いつもは「十二支完成者への楯のご案内」が入っていたと思うのだが、今回は次のような紙が一枚のみである。

たしかに、印刷するのはもったいないと思われる。

今年は何局参加があるだろうか。

 

カテゴリー: BVO, HPI | コメントする

シガー充電アダブタ

先般の記事で「中国様からの謎のモジュール」の紹介をした。この製品は実は日本でも売られている。違いは値段である。アキバまで出張って800円買うか、アマゾン経由で中国様から送られてくる198円のモジュールにするかは議論する余地はないだろう。

このモジュールは400kHzのインバーターを搭載したDC-DCコンバータで製品スペックは中国様ではなく某サイトから拾ってきてこんな感じである。

DCDC-XL6009

XL6009搭載昇圧型DC-DCコンバータ 35V出力
XL6009搭載昇圧型DC/DCコンバータ
入力電圧範囲:3V~32V
出力電圧範囲:5V~35V
入力電流:4A (max), 無負荷時18mA (5V入力/8V出力時)
変換効率:<94%
スイッチ周波数:400KHz
出力リップル:50mV
負荷調整:± 0.5%
電圧調整:± 0.5%
動作温度範囲:-40 ℃ ~ +85 ℃
サイズ:L43mm×W21mm×H14mm

今回の目的はGarmin Aera500の充電用のコンバーターである。具体的な仕様としては

  1. モバイルバッテリからの5V USB出力を
  2. 12Vシガープラグに出力する

という他愛のないものである。が、需要がないせいか通販でもなかなかみかけないし、あっても高かったりする。Aera500はシガープラグ用のアダブタが純正品として付属している。しかし、これでは移動中の新幹線の中やらでサッと充電するというわけにはいかない。実際自宅で充電する場合はわざわざDM-33OMVを使って充電しているような有様だった。

今回の仕様を実現するために使った材料を列挙しておく

  • DCDC-XL6009          中国様           198円
  • シガープラグソケットメス    中国様     176円
  • 009Pケース            秋月          110円
  • USBケーブル Aオス MicroBオス   秋月      120円
  • ポリスイッチ 1.85A              秋月           30円
  • ツェナー   13V 1A                  千石        20円

というわけで合計654円である。なんだかんだで秋月からも調達していることがわかる。

006Pのケースはモジュールがちょうど入りそうなサイズだったからであり、USBケーブルはAコネクタがついていればなんでもかまわない。実際30センチのケーブル付を探したが、店頭で在庫がなかったので、50センチのマイクロBつきを購入した。

ポリスイッチは入力側の過電流の制限のため、そしてツェナーは出力電圧を制限するためだ。

組立は簡単である。まず、電池ケースのスイッチ部分を何も考えずに外す。まるで貝柱を外すようなものである。外したスイッチの穴にシガープラグとUSBのケーブルを差し込む。そのあとモジュールとケーブルをはんだ付けをして一丁あがりである。極性は十分にチェックしよう。

調整は少し苦労した。モジュールの初期電圧が不明である。最初に接続したら、モバイルバッテリの出力が切れた。こちらもPTCを使っているようだ。

モバイルバッテリは無負荷では出力されないようである。しょうがないので、ガラケーを充電しながら出力を取り出す。

出力がでたら、電圧調整である。多回転型ボリュームを回して出力を12Vに調整する。某サイトには「トリマーを何回か回して」ということである。ちゃんと12Vが出力された。

全体が組みあがったらケースに仕込んで接続だ。その前に一応シガープラグからちゃんと12V出ているか確認しよう。このパーツは650円程度、モバイルバッテリも3000円程度だが、Aera500はもう少し高い。これが壊れたら痛い。

繰り返し確認したあと接続。無事Aera500に充電されていることを確認した。最後にモバイルバッテリをはずしてAera500が内蔵バッテリに切り替わったことも確認できた。

006P用ケース。右の金属端子とスイッチを惜しげもなく外す

入力側(USB)の接続をしたあと、出力側の電圧チェックをする

無負荷状態ではモバイルバッテリから出力されないので、負荷としてガラケーを接続

全体をつなぐとこんな感じ

外部電源になったアイコンが現われている

完成品

カテゴリー: 飛行機 | コメントする

しょぼい移動運用

朝早く起きておでかけをする。

途中でタブレットを忘れてしまったことに気が付く。

現地についてここのRSの番号を調べたい。普段使っているガラケーもネットには接続できるのでyahooをつかって検索を試みる。ところがどっこい、広告ばかり上がってきてまともな検索ができない。しかも、画像とか容赦なく送りつけてきて(もっとも、こちらが検索しているのでしょうがないといえばしょうがない)、パケット代が心配になる。

結局、この場所での運用を断念する。

適当な場所を見つけて準備を始めたら今度は「電池」を忘れたことに気が付いた。バックアップの手段は持ってはいるのだが、急に「ヅク」がなくなり帰宅。

途中某所で買い物をして半日つぶれてしまった。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

モジュール

ここのところ、私的にはアマゾンの通販が「アツイ」。連続で注文を続けている。

その中のひとつが年末年始にかけて「中国様」より届く。

中国様より届いた荷物。description of contentsは単にmoduleとある

中身は

「EasyWordMall 4A XL6009 DC-DC ブースター 電源 モジュール 超調整可能な昇圧レギュレータ 」とあり、2A程度取り出せるDC-DCコンバーターである。驚くべきことは、これが一個198円であり、かつ送料込であることだ。

ここのところアマゾン経由で中国様へ注文しているのは、とても送料込とは考えられないものばかりである。(先般買ったGarmin Aera500用吸盤マウントも送料込で260円であった。198円やら260円やらの決済をクレジットカードで行うのだからカード会社も迷惑であろう。)

帯電防止フィルムに入った「謎のモジュール」

それにしてもこんな価格で痛販できるんだったら、日本の小売業は全滅じゃないかなあ。

カテゴリー: 買い物 | コメントする

ログ提出

NYPのログを速攻で提出した。提出したのは4日である。

すでに多くのひとが気が付いていると思われるが、某連盟は集中してログの処理を行っているようで、そのタイミングは2~3回ほどあるようだ。(あくまでも自分の経験から話しています。)

1回目のタイミングに引っかかるように十分なセットアップタイムをもってラッチをかけなくてはいけない。ということで「ログ提出はお早目に」である。

ステッカーの配布については台紙の料金に含める形(楯だと途中で挫折した人からとりっぱぐれる)にして、はがきサイズの用紙にステッカーを(裏のりはつけない)印刷して、電子ログ提出者にビューロー経由で送ったほうが、ログの処理にかかる人件費よりも安くつくと思うんだけどなあ。ただしビューローの場合ステッカーが届くのは5月から6月になっちゃうだろうけど。

カテゴリー: BVO, HPI | コメントする

1343

NYP2日目。もう一度移動運用を行った。

昨日はバッテリでの運用だった。昨年後半バッテリを導入してから発電機を動かしていなかったので、オイル交換を兼ねて移動運用を行った。

バッテリを使いだしてから、「音」が気になるようになってきた。人が出ている公園で発電機を回すのはやはり気になる。運用場所はおのずと限られてしまう。

今回の運用場所は県営吉川公園。どうやらこちらの管理は「県」らしい。入り口を見ると冬季は17:30分にゲートを閉めるとある。まだ時間に余裕がある。

今年の正月三が日はいい天気が続いた。写真にあるとおりのどかな風景である。

最初はホイップで

天気はのどかであるが、運用はパッとしない。NYPも2日目となると20局をやりおえてしまい、出かけてしまうひとも多いのだろう。最初ホイップでお手軽にと考えたが、まったく呼ばれない。

ATU + LWに切り替える(影が車にかかているのはこの写真を撮影したのが撤収直前のためです)

そこでATU+LWに変更してみた。それでもあまり呼ばれない。30分ほどであきらめてオイル交換を行った。

発電機と廃オイル受け(4リットル用なので15回は使える)

記録によれば最後にオイルを交換したのは2015/10/10。それから38時間ほど運転している。オイルは真っ黒だった。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

2017 NYP

ニューイヤーパーティで2017市へ移動する。

ここ数年西暦の年号にちなんだ市(当然20xxなのでAC県内になる)に移動している。今年は2017年ということで常滑市を移動先に選んだ。

元旦が日曜日にあたるため、今年は三が日が休みの会社は3日で連休が終わる。本当なら2日、3日とゆっくり場所を移しながら移動運用するのだが、今年はAC県での運用は2017市のみにした。

例年NYPはたくさんの局が出てくる。「移動局」は50Wにホイップ程度の装備なので、当然パワー負けしてしまう。それにいくら2017市から出たってとくにプレミアがつくわけでもないから、「呼ばれまくる」ということにはならない。皆目前の20局をいかにやるかだけであるから、すぐに枯れてしまう。まあ、言ってみれば「移動甲斐」がない運用であろう。

話が少しそれてしまった。2017市の運用候補地は2か所を想定した。一つは某ダムの公園。もうひとつは小脇公園である。基本はバッテリを使った無音運用である。

最初の候補地の某所の公園に到着した。時刻は14時である。場所に行って気が付いたのであるが、近くに無線局がある。最近噂の○○シャックというやつだろうか。実は某所でこのシャックのことが噂になっており、その時点では特に場所を気にしていなかったが、まさか候補地のすぐ近くにあるとは思わなかった。(一応google earthで事前に下見はしているのですが・・・)

別にこの公園で運用してもバチが当たるわけではないが、なんか落ち着かなさそうだ。二番目の候補に移動した。

某DXer(ぐるーぷ)の別宅シャック。 公園が近くにあると水回りの心配をしなくていいかも??(画像には処理をほどこしています)

30分ほどかかって小脇公園に到着。管理事務所があるしっかり管理された公園だ。もちろん正月なので営業はしていない。少し残念なのは駐車場の台数があまりないことである。まあ、こちらは目立たない運用なのでいいか。

管理事務所

目立たない運用風景

所定の20局をやるのに小一時間かかってしまった。やはり多数の局の中では目立たない存在なのかもしれない。

あっという間に日が落ちてしまった。

帰りがけ、2m SSBをワッチしていたら、近くでCQを出している局を発見。モービル運用でSSBの交信はたぶん初めてだと思う。

来年の話をすると笑われそうだが、2018は欠番。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

年賀

本年もよろしくお願いします

カテゴリー: その他 | コメントする