「引き続き会員として

誤活躍を」の手紙が届く。

 

カテゴリー: HPI, QSL | 1件のコメント

AACWと

バッティングするが移動運用を計画中。

 

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

痛販

例によってアマゾンで通販。今回購入したのは釣り竿ケースだ。

目的は4エレHB9CVのキャリングケースである。いままで元箱を使っていたのだが、くたびれてきた。Uボルトがケースを突き破ってしまい、箱も破れてきた。さすがに限界だろう。

アマチュア無線家というのは不思議な人種でなぜか元箱を大切にする。かくいう拙宅のロフトも元箱であふれている。

今回の注文は悩んだ。コメントにあるのは「170cmとうたっているが、実際には165cmしかなかった」というものである。アンテナの長さを測るとかなり微妙である。まあ、はいらなくても使えそうな感じがする。あとはファスナーが折れてしまうというのもあった。中華製らしい話である。

今回も中国から届いた。まず気になるのはアンテナを入れてファスナーがちゃんと閉まるかである。ちなみに開梱したらこんな感じ。

元箱と並べて

 

あらため見るとかなり微妙なサイズである。測ってみると確かに165cmくらいしかない。

ポケットがあるが深すぎ

早速アンテナを取り出して詰めてみる。エレメントクランプをブームに対して90度にしてみたらなんとか収まった。ケースが幅広なので余裕があるのだ。収納後にたてかけたらこんな感じになった。

このケースを使う大きなメリットの一つは移動運用専用車両に積み込むところである。アンテナの箱をかかえてエレベータに乗ると近所の目が気になる。これを持っていけば、まあ釣りかゴルフのどちらかに見えるだろう。世間様の目をごまかすことが可能になる。

ほかには中華製らしく縫製が雑である。ファスナーは今のところちゃんと閉まった。背面に肩紐があるので、担ぎ上げも可能である。ケースはかなり余裕があるので、移動用のポールを買ってバッテリとリグを持って山頂からオンエアすれば楽しいかもしれない。

肝心の元箱のほうはロフトに上がっていった。

 

(中華製をバカにしているように聞こえるかもしれませんが、あと10年経てばきっとそうではなくなるでしょう。私が昔いた半導体の業界では日本企業が天狗になっていました。「こいつらにちょっと教えてやるか。どうせ負けないけどね。」なんてほざいていた日本のエンジニア連中がリストラ吹き飛んでしまったのは記憶に新しいです。一番の〇はリストラ前に早期退職したお方でしょう!)

 

 

カテゴリー: 移動運用, 買い物 | コメントする

カード到着

それにしても早い!

今回は50枚到着。サテライトや5.6Gのカードもあって楽しかった。

カテゴリー: HPI, QSL | コメントする

カード到着

安定のメール便。156枚到着。中に「83年のQSO以来の交信ですね」というカードもあった。先方もこちらも電子ログをつけているのでわかるのだろう。(お久しぶりです)

0.5W QRP局のカードも何枚か。ちゃんと受信できなくてはいけない。修行が足りない。

もうひとつゆうメールがあったので、HPIのカードかと思ったら、先日アマゾンで注文した単三電池だった。一応三菱ブランドであるが、中華製。

実はこの電池を買う前にホームセンターで国産の単三アルカリの値段をしらべたのだが、600円ほどしている。もちろんあやしいPB製のアルカリ電池はしょっちゅう液漏れをするので避けたい。しかし値段(325円/10本)につられて買ってしまったのだった。

届いた電池で気になったのは「使用期限」。電池の横には「使用推奨期限」として2023年1月と記載されていた。

天下のホームセンターであるが、品物の価格についてはもうアマゾンの方が優位になっているなあ。

カテゴリー: BVO, QSL, 買い物 | コメントする

移動運用専用車両から

装備を下ろした。(謎)

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

14003A

先週移動を計画したが、家を出ると雨がぱらついてきたので中止。一週間延期した。

今回もゆっくり家を出たので当然渋滞につかまる。やっとのこさで到着したのは14003a町である。利根いうとついCB県のほうを連想してしまうのだが、IB県との県境である。こちらはIB県。

地図をみると利根川沿いに運用場所がたくさんあるようだ。できれば水場があるところがよい。ほかの方のページを拝見すると、上曽根運動公園ぽい風景が写っている。(ここにも行きました)

今回移動した場所は利根緑地運動公園である。河川敷にあり夜間は締め出されるようだが、昼間でほかにも車が入っているようなので問題なさそうだ。さっそくグラスファイバポールを伸ばして運用を開始する。

落ち着いて運用できる

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイバンドのコンディションがよさそうな感じであるが、レポートを送ってくる各局はQSBを送信してくる。風が強いのでアンテナが風にあおられていることもあるのかもしれない。

それにしても空が開けて気分がよい。日差しは強いが乾いた風がここちよい。ラームーの準備をしてこなかったことが悔やまれる。近くには仮設ではあるがトイレも置かれている。

予定を超えて2時間近く運用した。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

カード発注

といっても色物ではない。いつも使っている白紙カードである。

私のカードを受領していただいた方ならご存知だと思うが、某社の広告付きカードでる。今回も発注しようとしたが、カード本体はリーズナブルなのに対して送料が結構かかる。某社のサイトを見ていたらアマゾン経由でも買えるようなので見に行ってみたが、やはり送料がかかるようだ。(アマゾン経由であっても送料がかかるようだ)

そこでアマゾンに白紙のカードはほかに売っていないだろうかと検索してみたところ、「ふじさん企画」というところが出している。価格は1300円なので某社よりも若干安い。アマゾンの送料は2000円以上買えば無料である。私はだいたい一度に2000枚ほど発注しているので、問題ない。(こうしてみるとアマゾンは確立した流通経路を持っているだけに、単独でやっている通販会社とは送料の面で圧倒的に差がついてしまうだろう。某社もそうだが、アマゾンや楽天にショップを出すのはある意味時代の流れだ)

アマゾンで発注したところ、翌日には届いた。最初に荷姿をみたときは某社のものより小さく、「500枚が2個口送られ来たのではないか」とさえ思った。さすがに枚数を数える気にはならない。開梱してみるとカードが薄く感じられる。

アマゾンにある「ふじさん企画」のページによると、重量を表す「連量」は135kg/連とある。これから計算してみるとはがきサイズ一枚は2.29g程度になるらしい。厚さは0.185mmだ。某連盟の「交信証および受信証転送取扱規定」を読むと、第4条には一枚のカードは2-4gとあるので、問題はない。ちなみに某社のカードは一枚3グラムということなので、連量は180kg/連ということになる。)このときの一枚の厚さは0.228mmらしい。官製はがきも同じくらいだ。参考リンク

一枚あたりの重量が2/3であり、厚さも0.04mmほど薄いので荷姿が小さく見えるのは合点のいくところであった。

問題は印字である。早速試し印刷をしてみる。結果は・とくに違いはわからない。なお、両者をならべてみるとたかだか0.04mm,0.7gの違いであるが手に取るとその違いがはっきりする。

カテゴリー: BVO, HPI, QSL | コメントする

症状

第38回全市全郡コンテストの賞状が届いた。

カテゴリー: ACAG, HPI, コンテスト | コメントする

2018ゴールデン DAY3

3日目も同じ場所にアンテナを架設する。山に登る手前で右折待ちをしていると、正面から気合の入った無線車両が通過していった。山にのぼって伸縮ポールを伸ばそうとしていたら、かの車が上がってきた。挨拶ののち「6mやります」と言ったら、先方は別の場所に向かった。

天気はピーカン。しかも風が凪いでいる。3日間の運用で初めてポールをフルアップする。

ピーカン 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンテナを架設してSWRの測定。やはりドンピシャの1.0だ。このアンテナはもう20年近く前に買った(なんとアキバのX-1)やつである。ほとんど稼働していない。たまに思い出したように引っ張りだす。私の家にはこのようは娑婆塞ぎが結構あったりする。ゴールデンの運用は今年の移動装備の点検も兼ねているのだ。

コンテストは8時からなので、すでに20分ほど経過している。さっそく運用を開始する。

SWR1.0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME TESTは12時まで。11時45分をすぎたところで外のアンテナをみると強風で「しなっている」慌ててポールをダウンするがアンテナが風にあおられて苦戦する。モーメントってやつですな。今度はちゃんとステーをとろう。

運用を終えたら、「ラームー」だ。今回はカップヌードルを持ってきた。UCCインスタントコーヒーと合わせて豊かな昼食を楽しんだ。

調理中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップヌードルカレーはUFOとならんで匂いが危険なメンだ。

食事をとったあとは撤収してゴールデン一番の渋滞にもまれながら帰宅した。

カテゴリー: HPI, コンテスト | コメントする