カード発注

といっても色物ではない。いつも使っている白紙カードである。

私のカードを受領していただいた方ならご存知だと思うが、某社の広告付きカードでる。今回も発注しようとしたが、カード本体はリーズナブルなのに対して送料が結構かかる。某社のサイトを見ていたらアマゾン経由でも買えるようなので見に行ってみたが、やはり送料がかかるようだ。(アマゾン経由であっても送料がかかるようだ)

そこでアマゾンに白紙のカードはほかに売っていないだろうかと検索してみたところ、「ふじさん企画」というところが出している。価格は1300円なので某社よりも若干安い。アマゾンの送料は2000円以上買えば無料である。私はだいたい一度に2000枚ほど発注しているので、問題ない。(こうしてみるとアマゾンは確立した流通経路を持っているだけに、単独でやっている通販会社とは送料の面で圧倒的に差がついてしまうだろう。某社もそうだが、アマゾンや楽天にショップを出すのはある意味時代の流れだ)

アマゾンで発注したところ、翌日には届いた。最初に荷姿をみたときは某社のものより小さく、「500枚が2個口送られ来たのではないか」とさえ思った。さすがに枚数を数える気にはならない。開梱してみるとカードが薄く感じられる。

アマゾンにある「ふじさん企画」のページによると、重量を表す「連量」は135kg/連とある。これから計算してみるとはがきサイズ一枚は2.29g程度になるらしい。厚さは0.185mmだ。某連盟の「交信証および受信証転送取扱規定」を読むと、第4条には一枚のカードは2-4gとあるので、問題はない。ちなみに某社のカードは一枚3グラムということなので、連量は180kg/連ということになる。)このときの一枚の厚さは0.228mmらしい。官製はがきも同じくらいだ。参考リンク

一枚あたりの重量が2/3であり、厚さも0.04mmほど薄いので荷姿が小さく見えるのは合点のいくところであった。

問題は印字である。早速試し印刷をしてみる。結果は・とくに違いはわからない。なお、両者をならべてみるとたかだか0.04mm,0.7gの違いであるが手に取るとその違いがはっきりする。

カテゴリー: BVO, HPI, QSL パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA