2018ゴールデン DAY2

静岡コンテストは14時からなので、ゆっくり設営してもよい。しかし領域確保をしなければいけないので、8時には出発した。途中コーヒーや昼食を入手。山に登る。山頂が見えてくると「同業者がいるのかどうか」が気になる。幸い天気が悪いせいもあり、同業者どころか誰もない。雨と雷が心配だが設営を開始する。(幸い3日とも発雷はなかったようだ)

0905市内

 

 

SWRはバッチリさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中はAMコンテストに参加してみる。ただし、ナンバーまちがえて送ったみたいである。AM運用なんて過去に2局しかないようだ。今日だけで9局もコウシンしてしまった。こちらはA3Hである。

天気は徐々に回復してきた。

風が強いが天気は持ってくれた (上段にゆるくステーをいれている)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気がよくなるといろいろな人が登ってくる。旧車の方がくると途端にイグニッションノイズが広がってくるが、新しいバイクだとCISPRに沿った試験をしているのか静か(音はうるさい)である。最近のバイク乗りの人はどうして集団になりたがるのだろうか。バイクの人たちが群れているのでこちらとしてはお昼の準備がしずらい。いなくなったのを見計らって今日のメインイベント「缶めし」の調理を開始する。調理といっても湯煎を20分間するだけだ。この「缶めし」は以前通販で非常食として購入したもの。近く賞味期限がきれるので持ち込んでみた。

湯煎中 20分かかる

天気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時から静岡コンテスト開始。

某誌の好きな「シャックの構築」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間ほどで呼ばれなくなるので、缶めしを開缶。牛めしということで牛丼みたいなものを想像していたのだが、中身はシンプル。でもおいしかった。

牛めし こういのをサプライズというのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賞味期限が近いものがまだ2缶ある。6&DとFD向けだろうか。

17時運用終了。撤収をしていると、「昔やっていた」という方が話しかけてきた。かなりブランクがあるようで、今の無線界の話をするとおどろいていた。

 

カテゴリー: HPI, コンテスト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA