2018ゴールデン DAY1

今年のゴールデンはコンテストに集中することにした。荷物を積載して3日早朝に出かける。出発時の天気は最悪だ。

10時前NN県某所着。設営をしてTK TESTの運用を開始する。このコンテストでありがたいのは都外局同士のQSOも認められることだ。コンテストはやはりバンドがにぎやかであることが必要である。

現地に到着して設営開始。さすがに天気が悪いので誰もいない。アンテナを架設する。フルアップしていない。

たわんでいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時すぎから運用開始。そうこうしていると、フリラーぽい人たちが集まってきた。近似的な同業者であるから、やはりあとから来たら挨拶くらいしてもらいたいものだ。もっともこちらはコンテスト運用でサルになっているのであまり相手にできなかったけど。向こうもそれを知っていて声をかけてこないのかもしれない。

TK TESTでは某ym局と久しぶりにQSOできた。

コンテストが終了したあと、バンドをワッチするとBW/がでていたのでQSO。同じく南大東島が出ているのを聞いて、パイルに参加するが敗北。SSBのパイルに参加するなんて何年ぶりだろう。

IC-551Dはかれこれ40年ほど前のリグである。いまだに動作しているのがすごい。免許申請して本格的に長時間運用したのはこれが初めてになるが、特に問題は発生しなかった。運用しているところをローカルが聞いていてくれたが、あとで確認したところ問題は指摘されなかった。VFOの表示も500Hzほどずれているが気になるところではない。問題点はRITとVOXのスイッチが折れているのでCW運用をする際にはトランシーブスイッチを使うか(仮に送信側で折れてしまったらどうしょうよう)、CWではマイクを握ってのPTT操作が必要になる。

また、CTESTWINも今回初めてコンテストで長時間使用した。ラップトップのキーボードで打つ反応が今一つなのと、やはり細かいところでキーヤーを使うのとは違う違和感がある。しかし、F5キーを押せば、延々の素振りができるはうれしい。

撤収後、0905市内の洗車場で洗車。この場所での洗車はここ数年の恒例行事である。

カテゴリー: HPI, コンテスト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA