移動局とは

JARLメルマガ290号を読んでいると、「ARRLのDXCCから派生したアワード」に以下の文書を見つけた。(以下引用 太字筆者 一部抜粋)

●Mobile DXCC Award
【申請要件】
自動車などの移動する乗り物にいつでも動けるように常設した無線機やア
ンテナ等の無線局設備(移動局)を使用した「モービル運用」で、最低100の
異なるDXCCエンティティとの交信をおこなうことで申請できます。
▼移動局とモービル運用の定義 (1)移動局とは自局に免許されている移動する自動車に常設した送信装置や  アンテナを使用した運用であること。 (2)商用電源や発電機など移動中に運用できない外部電源の使用は認められま  せん。 (3)アンテナは自動車が移動中にも使用できるよう、車に常設されたもの(モ  ービルホイップ等)や、送信機と一体化されたもの(ホイップアンテナ等)  であること。八木アンテナなどのビームアンテナを使用した運用は「止ま  っている時にしか運用できない」ので「モービル運用」ではなく「ポータ  ブル運用」になります。 (4)移動中の自局が運用している以外のDXエンティティの局との間で交信を  おこなわなければなりません。

HF帯の運用には八木なんてたいそうなものは使っていないが、ロングワイヤはモービル運用の定義から外れるらしい。愛用のHM6なら問題なさそう。でも、これで走行できるかというと・・・苦労すると思う。

このページでいう「移動局」と「モービル局」を切り離せばいいのか。私はモービル運用はほとんどしないが、どなたか www.mobilekyoku.netのドメインを取得されるのはいかがだろうか?

いずれにせよ相当難関なアワードとお見受けいたす。

カテゴリー: 移動運用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.