鳩I?

久しぶりに海外局と交信したいと考え、WWCWに出てみた。もっとも移動局なので長時間出るだけの設備や時間もない。

早朝に出かけて、近場で移動運用する。24時間駐車場と水場が利用できる場所となると「道の駅」が候補になる。よく使う運動公園でもよいのだが、夜間は駐車場が閉まっていたり、トイレが施錠されていたりするので、24時間利用できることをうたっている道の駅は便利である。

某RSに午前5時着。一番おくまった駐車場は車中泊の車が数台止まっているだけである。暗闇の中グラスファイバーポールを伸ばしてワッチを始める。最初初歩的なミスがあったのだが、やがてWのビッグガンを見つけて呼びに回る。

営業開始1時間前の午前8時前になったら、一人の男性が近づいてきて「無線はやめてもらっている」と言われた。話を聞くと「土地を借りている」とか「鳩を飛ばしている人もいる」という。最初意味がわからなかったのだが、どうやら邪魔だということだろう。不勉強ではあるが、アマチュア無線の電波が鳩に影響を与えているのだろうか?電界強度や電磁波のエネルギーを考えると別の要因のほうが大きいような気がする。

こういう議論をしても埒が明かないことは経験している。すぐに撤収した。過去に道の駅から追い出されたのは初めてか。まあ、物販の邪魔にもなるのだろう。土日は書き入れ時だ。

最近道の駅での運用はほとんどしていない。目を三角にしてモノを売る業者や、それを目的とする人の混雑についていけない。別の場所を見つけて運用をした。こんな静かな場所で運用する方が自分の性に合っている。

ふれあいの里

無線の電波って鳩に影響があるのだろうか?

カテゴリー: BVO, 移動運用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA