S TEST

TK TEST の次はS TESTである。

前回のALL JAのときも使用した鉛蓄電池に加え、今回は発動発電機も動員した。S TEST は発々の登場である。特にこちらのコンテストで発電機を使ったのは意味がない。

コンテストは14:00からなので、手始め手に普通の移動運用をしてみる。移動先は09008Mである。ここは確か昔一度運用した記憶がある。移動先は「あいパーク」を選んだ。

あいパーク

こちらの運用は鉛蓄電池を使用。補助電源として太陽光パネルを適当に展開した。

運用風景

09008mは多少僻地であるが、運用実績は多そう。7MHzからスタート。最初にクラスタにあがったこともあり、ぽつぽつ呼ばれたがそれまで。どうもハイバンドのコンディションが良くなったみたいで、みな14MHzから上を見ているようだ。こちらも負けじと14MHzから10MHzの運用をしてみたが、あまり呼ばれない。DXが聞こえるようになると、地理的に不利なのかもしれない。1時間ほどで終了した。

S TEST参加のためにいつもの場所に戻る。14時からコンテスト開始。バンド内にSO県の局がランニングしていない。20県の某局、24県の某局、そして09県の移動局のみのCQingが聞こえる。やがて御殿場の局がCQを出しているのを聞いたが、こちらからいくら呼べどもかすりもしなかった。

17:00コンテスト終了。撤収後、途中湯治などをして帰宅した。

 

カテゴリー: HPI, コンテスト, 移動運用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA