1428

第17回全日本CW王座決定戦に参戦すべく、出かける。途中モービル局として430MHz FMで数局交信する。

最初1208市の総合公園に向かったが、到着してみるとなんと「駐車場が有料」であることが判明。休日は車も多いらしく、公園の駐車場以外にも隣接した空地を民間駐車場として地元民がお金を取っている始末。23区内ならまだしもということでパスする。

川を渡って1428市へ。八坂公園へ向かう。到着したのは11時50分。到着してわかったのだが、ここは以前来た覚えがある。たしか何かを忘れて運用しなかったような・・

コンテストは12時からである。さっそく設営をするが、運用が始まったのは12時を5分まわったところだ。まるで先日のCB TESTの再現である。今回もバッテリの入った箱での無音運用である。なにより目立たないことに越したことはない。

目立たない運用スタイル

目立たない運用スタイル

実は「全日本・・・」は今まで参加したことがない。規約を読むと7MHzオンリーでパワーごとのカテゴリーもない。パワー負けすることが予想される。バンドを聞いてみると・・・みょーな符号が(って書くと失礼か)たくさん聞こえる。縦振れ電鍵だと得点が1.3倍になるため、皆電鍵を引っ張り出して運用しているようだ。いつも符号を聞く局も縦振れである。縦振れでCQingするのは体力勝負だと思われる。得点を考えるとどっちが得なのだろうか。たぶん1.3倍の得点係数の違いは主催者が経験値から算出したものと思われる。

CONDXが今一つよろしくないのか、運用場所のためかあまり局が聞こえない。5分に一度ノイズがバーッと乗ってくる。CQ出しても呼ばれないので、コンテストの途中で10MHzに浮気したり、マイペースでこなしていく。いずれにせよパワー負けしてるだろうし、ATUロングワイヤでは勝負にならないだろう。

4時間のコンテストが終わった後、7MHzと3.5MHzを中心に運用した。

 

カテゴリー: BVO, 移動運用 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA