よくわからない記事

ちょっとわからない記事を発見。

はたして中国からデンパが届くのだろうか?

記事では「管制塔」と断定しているので、Narita Towerのコールサインを持つ周波数は以下のとおり。

118.2MHz(1)
118.35MHz
122.7MHz
126.2MHz
236.8MHz
121.5MHz(E)
243.0MHz(E)

ただし、打ち消し線を引いてある周波数は使わないと思う。118.2MHzは他にRJFKでも使っているが、こっちには妨害が入らなかったのだろうか?

管制塔が航空機と交信する範囲はだいたい10マイル以内(5マイルが管制圏)である。つまり20キロ以下。このとき航空機が3度のパスでアプローチしてくるのだったら、高度は地上1000メートル以下である。これに中国から妨害するとなるとってもう見通し外だし。

妨害は無変調だったのだろうか?気になるところ…

ちょっと記事に裏を取った方がよいような気がする。

カテゴリー: 飛行機 | コメントする

1340

3連休の最終日に移動。最初の2日は天気が悪かったと言い訳する。

到着したのは幸手総合公園。天気がいいのに、グランドに誰もいないのは少しさみしい。こちらは駐車場ががらがらなのがうれしい。設営を開始する。

幸手市総合公園

装備はいつものとおりであったが、車輌の中には関東UHFに向けた装備も入っている。結局行かなかったケド。

運用はのんびりと7MHzと10MHz。ここも公園の番号か何かあるのだろうけど、つけずにCQを出す。ぽつぽつと呼ばれるが、それでいい。最近ゆるい無線になっているので、名前とか送ってきたら、ちゃんとこちらも名前とかを送り返す。

何かの立派な並木(植物には詳しくありません。調べてみたけどわかりませんでした)

ひととおり運用を終わったら、例によってラーメンの準備。「ラーム―」だ。今日持ってきたのは関東圏ではなかなか手に入らない「金ちゃんヌードル」だ。この駐車所の位置から水場までは10メートルほどだが、トイレはちょっと遠い。

調理中

車内でラーメンを食べるとニオイがこもることがわかった。ラーメン食べたあと30分ほど運用して撤収した。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

再免許2

早とちりをしてしまった。

とりあえずスプリアス確認はまだしなくてもよい。

先日、「再免許前までにスプリアス確認しないといけない」と書いたが、その後総通にも電話してみてい聞いてみると、スプリアス確認しなくても再免許できるが、スプリアス確認していない無線機は平成34年12月1日以降使えなくなるだけだということがわかった。(CQ誌2017年4月号p.75を読むとよくわかる⇒読んでなかったので、自分がうっかりさんであることがバレてしまいました)

また、先日保証認定を受けたIC-551Dについてはスプリアス確認は受けなくともよいとのこと。(平成17年12月1日以降に保証認定を受けている)

ということで再免許まではまだ日数があるので一安心したところ。

スプリアス確認については平成35年まで今の送信機を使っているかどうかわからないので思案のしどころだろう。

カテゴリー: 551D, HPI | コメントする

15年ぶり

サテライトのphoneのQSOは15年ぶり。よくやっていたのはAO-40の時代だ。LEOではほとんど経験がない。

FO-29は非常に調子がいいと思う。また、衛星バンドもひところに比べてかなりクリアになったと思う。(それでも運送業関係らしき人いるなあ)

サテライトモードの機械より逆に別々のトランシーバーと受信機の組み合わせを使った方が頭が混乱しなくていいような気がする。

カテゴリー: HPI, 衛星通信 | コメントする

66-70 20%

TK渋大会に行ってきた。

以前は秋葉原でやっていたので、アクセスが至極よかった。また、帰りがけに買い物をすることもできたのだが、事情があるのだろう昨年あたりから1005市で開催するようになった。(ちょうどAC支部大会が名古屋市公会堂から2032市になったのと同じか?こちらはアクセスよかったんだけど)

昨年は三鷹まで出張るずくがなかったので、参加しなかったが今年はNYPのカードを転送する目的で出かけることにした。よく考えてみると三鷹に来るのはこれが初めてかもしれない。

三鷹駅構内

下調べが悪いので、三鷹駅からどっちにいったらいいのかわからない。やっとのことで武蔵野芸能劇場に到着した。ぱっと見ではわかりにくかった。結局タブレットをつかって探し出すことになった。初めて来る人はちょっと悩むかも。

入口にはこの紙が貼ってあるだけだった

3階にある会場で受け付をしてもらう。会場は正直狭いけど、まあ参加者の数からみてぴったりだった印象を受ける。

受付場所風景

渋大会まで時間があったので2階の展示を見る。AC県のそれと違ってクラブの出展がなかった(登録クラブとしてはKCJだけだったが、ここは地域クラブじゃないし)。あとはメーカー、販売店とJARDである。JARDについては「2年ほど前に保証認定を受けて増設したリグはスプリアス確認を受ける必要があるのか?」という質問にたいして、「保証認定を通しているので大丈夫なはずだが、総通に聞いてくれ」という返事。あとはスプリアス確認は問題なければ2,3週間であることを確認した。JARDの方が来賓あいさつで話していたのは「現在のところスプリアス確認は5000件ほど。(アマチュア局の数から推計して)本来なら20万件はあるはず。総通にはスプリアス確認のしていない再免許申請がたくさん来ている」との話を聞いた。

13時25分から渋大会が始まった。某会長の講演の中で連盟の年齢構成のグラフを見せてくれたが、会員の年齢で一番多い(最頻値)のは66歳から70歳で20パーセントを超えている状況である。一方55歳以下の会員は全部合計しても20パーセントである(ちなみに51歳から55歳が10パーセント)。タイトルの66-70 20%はその意味である。

某会長さん

ただし、JARLとしてはいろいろやっているようなので、ちょっと期待して見ていてもいいかなという気になった。

講演会としてはEME(ここに来ているほとんどの人は縁がなさそう)の講演のスライドにはなんか知った顔が一杯いたぞ。

「時間が押している」ということだったが、上記2つの講演がかなり影響を与えた。そのしわ寄せがお楽しみ抽選会に出たようで、全員一品は当たるという景品のほとんどは抽選されずに終わってしまった~。抽選にからきし弱い私は当然何も当たるはずがない。

抽選会の図 160本ほどあったようだ

あとはAC県でもやっていたようだが、某歌手によるミニコンサートやらがあって無事にお開きとなった。

いろいろとあって半日単位でしか借りられなかったようだが、渋大会ではよくみられる表彰式もなかったし、無線と関係ない人が出てたりとちょっと考えさせられてしまった。

ちなみに唯一のお土産は東京オリンピックのバッチ(オリパラというらしい)。

バッチ

支部大会というよりも、会員があまり前面にでていない「支部のつどい」という印象が残った。代議員制の一般社団法人だとしょうがないのかもしれない。

カテゴリー: HPI, QSL | コメントする

再免許

までいつの間にか1年を切ってしまった。

12月で新スプリアス規格の経過措置が切れたのだが、つい最近まで他人事のようであった。ただし、今度の再免許までにスプリアス確認とやらを受けなくてはいけない。

HPIはなんだかんだで4台トランシーバーがあるのだが、そのうち3台はスプリアス確認が必要なようだ。(内、一台は保証認定を受けているのでいいのだろうか。要確認)逆にOM諸兄の中にはものすごい数のトランシーバーを持っている人もいるだろう。

カテゴリー: HPI | コメントする

ノイズ発生源

なんとなく気になっていたのだが、偶然ノイズ源を特定してしまった。

犯人はLED電灯である。1年半ほど前に30型の丸型LED蛍光灯を購入してつけかえた。グロー点灯管はずせばそのまま付け替えられるというのがウリである。

付け替えた直後は自宅から2mはほとんどでていなかったので、気が付かなかったのだが、衛星通信を始めてからノイズが出ていることが気になった。

衛星通信の運用はFO-29の場合19時から20時くらいが多い。「いまどきのノイズ環境はこんなもんなのかなあ」と思っていたのだが、部屋の電灯を消してみたら、見事にノイズ様が消えてしまった。

点灯中(ノイズレベル7)

消灯後(フラッシュにて撮影)

なお、サテライトの運用は受信はFT-817でおこなっている。(910のサテライトモードでは多少回り込むようです)

NN県からコンテストをやっていると1エリアの耳の悪さを感じるのだが、固定局の場合、身近なところでノイズが増えているのかもしれない。

カテゴリー: HPI, 衛星通信 | コメントする

カード凍着

我ながらなかなか時節をタイムリーに表現した当て字だと自賛。移動運用専用車輛も雪で氷漬け状態だ。

相変わらずの小袋で到着。某YM局もLoTWを勧めてらっしゃるので、来年あたりからとりあえずHPIについて移行しようか。

第三者にデーターを人質として取られる(って被害妄想すぎるかなあ、でも会社や国家のデーターを海外の一企業にゆだねるのはどうかと思うのだが)のはどうも「おしりのあたりがむずむず」してしまうのだ。

物理的にカードがどさっと届くのはそれなりの快感でもある。ただ、枚数が増えてきたのをどうやって処理するか、そろそろ考えておかなくてはいけない時期だとも思う。

 

カテゴリー: HPI, QSL | コメントする

結局

カードを持ってきただけだった。

通常午前中に再配達指定をすると、拙宅には12時ちょっと前に届くことが多い。今回は10時すぎに持ってきて不意をつかれた。(まだ着替えていませんでしたので、パジャマ姿です)

配達員は「こちらでよろしいですか?」とカードのメール便サイズの封筒を差し出した。もちろんよろしいのだが、受領のサインも何もなかった。しかも、今回は封筒の半分しかカードが入っていない。これなら十分ポストに投函して完了するのだけど。

結局、ひさしぶりの靴箱での到着、または予定していない荷物をわくわくしながら待っていたのだが、期待がはずれた形。不在票を入れたり、再配達の手間とか考えたらJPさんもうちょっとちゃんと投函したほうがいいんじゃね?

カテゴリー: BVO, QSL | コメントする

某連盟より

JPの不在連絡票が投函。種類番号は57、定形外・ゆうメールとある。

時期柄カードだと思われるが、ポストに入らないほど届くとは到底思えない。

カードがらみでは4日に1005市にカードを投函しにいこうかなあ。

カテゴリー: QSL | コメントする