カード到着

安定のメール便。

もうひとつゆうメールがあったので、HPIのカードかと思ったら、先日アマゾンで注文した単三電池だった。一応三菱ブランドであるが、中華製。

実はこの電池を買う前にホームセンターで国産の単三アルカリの値段をしらべたのだが、600円ほどしている。もちろんあやしいPB製のアルカリ電池はしょっちゅう液漏れをするので避けたい。しかし値段につられて買ってしまったのだった。

届いた電池で気になったのは「使用期限」。電池の横には「使用推奨期限」として2023年1月と記載されていた。

天下のホームセンターであるが、品物の価格についてはもうアマゾンの方が優位になっているなあ。

カテゴリー: BVO, QSL, 買い物 | コメントする

移動運用専用車両から

装備を下ろした。(謎)

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

14003A

先週移動を計画したが、家を出ると雨がぱらついてきたので中止。一週間延期した。

今回もゆっくり家を出たので当然渋滞につかまる。やっとのこさで到着したのは14003a町である。利根いうとついCB県のほうを連想してしまうのだが、IB県との県境である。こちらはIB県。

地図をみると利根川沿いに運用場所がたくさんあるようだ。できれば水場があるところがよい。ほかの方のページを拝見すると、上曽根運動公園ぽい風景が写っている。(ここにも行きました)

今回移動した場所は利根緑地運動公園である。河川敷にあり夜間は締め出されるようだが、昼間でほかにも車が入っているようなので問題なさそうだ。さっそくグラスファイバポールを伸ばして運用を開始する。

落ち着いて運用できる

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイバンドのコンディションがよさそうな感じであるが、レポートを送ってくる各局はQSBを送信してくる。風が強いのでアンテナが風にあおられていることもあるのかもしれない。

それにしても空が開けて気分がよい。日差しは強いが乾いた風がここちよい。ラームーの準備をしてこなかったことが悔やまれる。近くには仮設ではあるがトイレも置かれている。

予定を超えて2時間近く運用した。

カテゴリー: BVO, 移動運用 | コメントする

カード発注

といっても色物ではない。いつも使っている白紙カードである。

私のカードを受領していただいた方ならご存知だと思うが、某社の広告付きカードでる。今回も発注しようとしたが、カード本体はリーズナブルなのに対して送料が結構かかる。某社のサイトを見ていたらアマゾン経由でも買えるようなので見に行ってみたが、やはり送料がかかるようだ。(アマゾン経由であっても送料がかかるようだ)

そこでアマゾンに白紙のカードはほかに売っていないだろうかと検索してみたところ、「ふじさん企画」というところが出している。価格は1300円なので某社よりも若干安い。アマゾンの送料は2000円以上買えば無料である。私はだいたい一度に2000枚ほど発注しているので、問題ない。(こうしてみるとアマゾンは確立した流通経路を持っているだけに、単独でやっている通販会社とは送料の面で圧倒的に差がついてしまうだろう。某社もそうだが、アマゾンや楽天にショップを出すのはある意味時代の流れだ)

アマゾンで発注したところ、翌日には届いた。最初に荷姿をみたときは某社のものより小さく、「500枚が2個口送られ来たのではないか」とさえ思った。さすがに枚数を数える気にはならない。開梱してみるとカードが薄く感じられる。

アマゾンにある「ふじさん企画」のページによると、重量を表す「連量」は135kg/連とある。これから計算してみるとはがきサイズ一枚は2.29g程度になるらしい。厚さは0.185mmだ。某連盟の「交信証および受信証転送取扱規定」を読むと、第4条には一枚のカードは2-4gとあるので、問題はない。ちなみに某社のカードは一枚3グラムということなので、連量は180kg/連ということになる。)このときの一枚の厚さは0.228mmらしい。官製はがきも同じくらいだ。参考リンク

一枚あたりの重量が2/3であり、厚さも0.04mmほど薄いので荷姿が小さく見えるのは合点のいくところであった。

問題は印字である。早速試し印刷をしてみる。結果は・とくに違いはわからない。なお、両者をならべてみるとたかだか0.04mm,0.7gの違いであるが手に取るとその違いがはっきりする。

カテゴリー: BVO, HPI, QSL | コメントする

症状

第38回全市全郡コンテストの賞状が届いた。

カテゴリー: ACAG, HPI, コンテスト | コメントする

2018ゴールデン DAY3

3日目も同じ場所にアンテナを架設する。山に登る手前で右折待ちをしていると、正面から気合の入った無線車両が通過していった。山にのぼって伸縮ポールを伸ばそうとしていたら、かの車が上がってきた。挨拶ののち「6mやります」と言ったら、先方は別の場所に向かった。

天気はピーカン。しかも風が凪いでいる。3日間の運用で初めてポールをフルアップする。

ピーカン 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンテナを架設してSWRの測定。やはりドンピシャの1.0だ。このアンテナはもう20年近く前に買った(なんとアキバのX-1)やつである。ほとんど稼働していない。たまに思い出したように引っ張りだす。私の家にはこのようは娑婆塞ぎが結構あったりする。ゴールデンの運用は今年の移動装備の点検も兼ねているのだ。

コンテストは8時からなので、すでに20分ほど経過している。さっそく運用を開始する。

SWR1.0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME TESTは12時まで。11時45分をすぎたところで外のアンテナをみると強風で「しなっている」慌ててポールをダウンするがアンテナが風にあおられて苦戦する。モーメントってやつですな。今度はちゃんとステーをとろう。

運用を終えたら、「ラームー」だ。今回はカップヌードルを持ってきた。UCCインスタントコーヒーと合わせて豊かな昼食を楽しんだ。

調理中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップヌードルカレーはUFOとならんで匂いが危険なメンだ。

食事をとったあとは撤収してゴールデン一番の渋滞にもまれながら帰宅した。

カテゴリー: HPI, コンテスト | コメントする

2018ゴールデン DAY2

静岡コンテストは14時からなので、ゆっくり設営してもよい。しかし領域確保をしなければいけないので、8時には出発した。途中コーヒーや昼食を入手。山に登る。山頂が見えてくると「同業者がいるのかどうか」が気になる。幸い天気が悪いせいもあり、同業者どころか誰もない。雨と雷が心配だが設営を開始する。(幸い3日とも発雷はなかったようだ)

0905市内

 

 

SWRはバッチリさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中はAMコンテストに参加してみる。ただし、ナンバーまちがえて送ったみたいである。AM運用なんて過去に2局しかないようだ。今日だけで9局もコウシンしてしまった。こちらはA3Hである。

天気は徐々に回復してきた。

風が強いが天気は持ってくれた (上段にゆるくステーをいれている)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気がよくなるといろいろな人が登ってくる。旧車の方がくると途端にイグニッションノイズが広がってくるが、新しいバイクだとCISPRに沿った試験をしているのか静か(音はうるさい)である。最近のバイク乗りの人はどうして集団になりたがるのだろうか。バイクの人たちが群れているのでこちらとしてはお昼の準備がしずらい。いなくなったのを見計らって今日のメインイベント「缶めし」の調理を開始する。調理といっても湯煎を20分間するだけだ。この「缶めし」は以前通販で非常食として購入したもの。近く賞味期限がきれるので持ち込んでみた。

湯煎中 20分かかる

天気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時から静岡コンテスト開始。

某誌の好きな「シャックの構築」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間ほどで呼ばれなくなるので、缶めしを開缶。牛めしということで牛丼みたいなものを想像していたのだが、中身はシンプル。でもおいしかった。

牛めし こういのをサプライズというのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賞味期限が近いものがまだ2缶ある。6&DとFD向けだろうか。

17時運用終了。撤収をしていると、「昔やっていた」という方が話しかけてきた。かなりブランクがあるようで、今の無線界の話をするとおどろいていた。

 

カテゴリー: HPI, コンテスト | コメントする

2018ゴールデン DAY1

今年のゴールデンはコンテストに集中することにした。荷物を積載して3日早朝に出かける。出発時の天気は最悪だ。

10時前NN県某所着。設営をしてTK TESTの運用を開始する。このコンテストでありがたいのは都外局同士のQSOも認められることだ。コンテストはやはりバンドがにぎやかであることが必要である。

現地に到着して設営開始。さすがに天気が悪いので誰もいない。アンテナを架設する。フルアップしていない。

たわんでいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時すぎから運用開始。そうこうしていると、フリラーぽい人たちが集まってきた。近似的な同業者であるから、やはりあとから来たら挨拶くらいしてもらいたいものだ。もっともこちらはコンテスト運用でサルになっているのであまり相手にできなかったけど。向こうもそれを知っていて声をかけてこないのかもしれない。

TK TESTでは某ym局と久しぶりにQSOできた。

コンテストが終了したあと、バンドをワッチするとBW/がでていたのでQSO。同じく南大東島が出ているのを聞いて、パイルに参加するが敗北。SSBのパイルに参加するなんて何年ぶりだろう。

IC-551Dはかれこれ40年ほど前のリグである。いまだに動作しているのがすごい。免許申請して本格的に長時間運用したのはこれが初めてになるが、特に問題は発生しなかった。運用しているところをローカルが聞いていてくれたが、あとで確認したところ問題は指摘されなかった。VFOの表示も500Hzほどずれているが気になるところではない。問題点はRITとVOXのスイッチが折れているのでCW運用をする際にはトランシーブスイッチを使うか(仮に送信側で折れてしまったらどうしょうよう)、CWではマイクを握ってのPTT操作が必要になる。

また、CTESTWINも今回初めてコンテストで長時間使用した。ラップトップのキーボードで打つ反応が今一つなのと、やはり細かいところでキーヤーを使うのとは違う違和感がある。しかし、F5キーを押せば、延々の素振りができるはうれしい。

撤収後、0905市内の洗車場で洗車。この場所での洗車はここ数年の恒例行事である。

カテゴリー: HPI, コンテスト | コメントする

満載

移動運用専用車両に荷物を満載とする。

天気が心配だ。

カテゴリー: HPI, コンテスト, 移動運用 | コメントする

ALL JA 其の弐

コンテストで少し遊んで、CTESTWINでログの集計をした。なんか得点の計算がうまくいっていないように思える。X50Mのつもりなのだが、C50Mとなっている。ただし、計算はX50Mの結果になっている。

elogmakerをつかわなくてもログのテキストが出せるのでそのまま送信。早いものだ。と、思って今しがたログ受付リストを見たら載っていない。おかしーなーとおもってチェックすると古いアドレスに送っていた。

せっかくなのでJARL.COMにアクセス。再免許を受けたので内容を更新しておいた。

カテゴリー: HPI | コメントする